紙本売上の落ち込みによる出版不況から始まり、スマートデバイスの普及やSNSの発達を通して、ここ数年で急伸してきた電子書籍市場。漫画業界でも各社によるデジタルシフトがニュースで取り上げられる一方で、漫画家たちに起こる変化について語られる機会は多くありません。そこで、ナンバーナインが主催で「いまの漫画家たちが何を考え、どんなキャリアを歩むのか」を考えるオンライントークフェス「漫画家ミライ会議」が開催されました。本記事では、二人組漫画家「うめ」で原作を担当する小沢高広氏、『ちはやふる』の作者・末次由紀氏が「漫画家はいつまで漫画を描き続けられるのか」をテーマに語ったセッションの模様を公開します。

全文を読む