金融市場動向 米長期金利(10年国債)が1.5%水準まで再上昇したことを受け、米株式市場ではナスダック総合株価指数が前日比2.7%安と下落。金利上昇の影響を受けやすい高PERのテック銘柄、及びグロース株で売りが先行している。 新型コロナウイルスワクチンの世界的な普及で経済正常化が期待される一方、コ...

全文を読む