dカードの上限はいくら?

dカードとはドコモが発行するクレジットカードであり、ドコモユーザーはもちろん、非ドコモユーザーもこのカードで支払いを行うことでポイント還元やギフトなどさまざまなお得をゲットすることができます。

加えて、入会キャンペーンや若者を対象にした応援キャンペーンなども頻繁に開催されており、かつマイナポイントにも対応という充実ぶりです。

このように、お得がいっぱいのdカードですが、契約にあたってカードの利用上限額が気になる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、dカードの上限に加えて、上限を引き上げる方法や上限を超えてしまった場合の対処法についても解説していきます。

dカードの上限はいくら?

dカードの上限はいくら?

dカードの上限は公開されておらず申し込み前に確認する方法はありません。dカードに申し込んだあとに、審査に基づき個別に限度額が設定されます。

dカードの家族カードの上限はいくら?

家族カードの利用上限は本カードの上限内となっています。つまり、家族カードにおいて利用限度額から本カードの現在の利用額を引いた金額を利用できるということになります。

たとえば、本カードの利用限度額が50万円であり、本カードで30万円利用している場合、家族カードは20万円が利用可能額となります。

dカードの上限を確認する方法は?

dカードの上限を確認する方法は?

dカードの上限の確認は、会員サイトとdカードdカードセンターにて行うことができます。

会員サイトで確認する場合

会員サイトでの確認ステップは以下の通りになります。

  1. dカードオンラインサービス右上にある「ログイン」をクリック
  2. メニューから「設定・よくある質問」を選択
  3. 「ご利用状況確認」のなかから「ご利用可能額照会」をクリック

ここまでの手順でご利用可能額照会のページにおいて、利用可能な金額を確認することができます。

dカードセンターで確認する場合

dカードセンターで確認する場合は、午前10時から午後8時の間に以下の電話番号におかけください。

dカードセンター

ドコモの携帯電話から:(局番なし)*8010(無料)
一般電話などから:0120-300-360

dカードゴールドデスク

ドコモの携帯電話から:(局番なし)*9010(無料)
一般電話などから:0120-700-360

dカードの上限を引き上げるには?

dカードの上限を引き上げるには?

dカードの利用可能額の増枠は10万円単位で可能となっていますが、条件や審査があるために必ずしも希望通りに引き上げられるとは限りません。

急な出費や高額な買い物をする場合は、一時的な上限の引き上げを利用すると良いでしょう。こちらの場合は、一部を除き、希望通り引き上げられるケースがほとんどです。

上限を引き上げる方法

以下の手順でカードの上限を引き上げることができます。

  1. dカード会員サイトにアクセス
  2. 「ご利用枠の引き上げ」をクリック
  3. カード記載の「有効期限」と「セキュリティコード」を入力
  4. 「ショッピングご利用希望枠」で希望する金額を選択
  5. 年収、個人情報などの入力

入力した内容に基づき審査が行われます。上限引き上げの可否に関する結果は1~2週間以内に書面で通知されます。

dカードの上限引き上げは、入会半年未満の方、学生・未成年の方、家族会員の方はできないので注意してください。

一時的に上限を引き上げる方法

旅行にdカードを持って行きたい場合や、大きな買い物をする際などに、dカードは一時的に上限を引き上げることも可能です。

以下の手順でカードの限度額を一時的に引き上げることができます。

  1. dカード会員サイトにアクセス
  2. 「カード利用枠の一時引き上げお申込み」ページにアクセスしログイン
  3. カード記載の「有効期限」と「セキュリティコード」を入力
  4. 「ショッピングご利用希望枠」で希望する金額を選択
  5. 年収、個人情報などの入力

増枠分の利用を行いたい2日前までに、この手順に従って申し込みを行ってください。

一時的引上げは、現在一時引き上げ中の金額・期間の変更をご希望の方、前回引き上げ終了後から間もない方、学生・未成年の方はできないので注意してください。

dカードの上限を超えたあとはどうなる?

dカードの上限を超えたあとはどうなる?

上限を超えた場合、その時点でdカードの利用が止まります。dカードの利用が支払限度額を超えたためにストップしたら、支払が完了するまで使用できません。

また、上限を超える金額の買い物もできません。たとえば、上限枠まで5万円しか残っていないときに、5万5千円の買い物はできないので気を付けてください。

dカードの上限を超えたあとも利用したい場合の対処方法

dカードの上限を超えたあとも買い物をしたい場合、繰り上げ返済を行って利用可能額に空きをつくる必要があります。

カードの上限を超えたあとの対策では現金が必要になるために、金欠の場合や、次の給与までの現金不足分をカードで乗り越えたいと考えている方にとってむずかしい対処法となります。

繰り上げ返済の申し込み方法

dカードの繰り上げ返済を行う手順は以下の通りです。

  1. dカードの問い合わせ窓口に電話し、振込口座の確認
  2. 指定された金額を入金

上限を超えないようにdカードを利用するコツは?

上限を超えないようにdカードを利用するコツは?

dカードは上限を超えた場合、現金を指定口座に振り込み、上限に空きを出さない限り、カードの利用が支払い完了日まで停止されます。

カードの使用がストップしてしまうと、生活のなかでさまざまな場面において不便になりますので気を付けなければいけません。

上限を超えないようにdカードを利用するための3つのコツを紹介していきます。

dカードアプリで利用可能額をチェック

dカードユーザーには、dカードアプリの利用がおすすめです。利用可能金額に加えて、支払額・支払予定額、明細を一目で確認できますので、自分が使った金額を常に把握することができます。

自分が利用できる金額について、数日に1回はアプリで確認するクセをつけてみましょう。

無駄遣いをしない

クレジットカードでの支払いは、お金を払っているという意識が薄れてしまい、かつ手元に現金がなくても買い物ができるので、財布の紐が緩みがちになります。

しかし、クレジットカードでの支払いも財布や口座から支払っていることに変わりはなく、翌月以降に利用金額が口座から引き落とされます。

買い物をする際には、本当に必要な物か、代用できるものが自宅にないかなどをしっかりと考えるようにし、無駄遣いをしないようにしましょう。

高額な買い物をする際は増枠する

dカードでは一時的に上限を増枠させることができます。急な出費や高額な商品を購入する場合は、上限枠を事前に広げておくことで、利用可能額にゆとりをもたせることができます。
上限額を超えてしまった場合は繰り上げ返済をしない限り、dカードの利用がストップしてしまいます。

カードの利用停止を避けるためにも、上限をオーバーする可能性があるときは事前に上限を一時的に増枠しておくことをおすすめします。

dカードの上限を知っておこう

dカードの上限を知っておこう

dカードを最大限お得に、便利に利用するためにはカードの上限を把握しておくことは不可欠です。自分がカードで支払える金額はもちろんのこと、支払と同時に狭まる利用可能枠を明細とともに把握しておくようにしてください。

上限を超えた場合、カードの利用が停止してしまうので、それを避けるためにも、無駄遣いをせずに上限枠におさめるように心がけるようにしましょう。大きな買い物をする際には、限度額を一時的に引き上げることも賢い選択と言えるかもしれません。

dカードについて詳しくはこちら

情報提供元 : BITDAYS
記事名:「 dカードの上限はいくら?