防災用品を大切な人へ。3月11日は「おくる防災の日」

ヤフーが運営する、エシカル消費をテーマに人・環境・社会に配慮した商品のみ取り扱うインターネットモール「エールマーケット」において、「#おくる防災」企画を2021年2月22日(月)より開始した。

「おくる防災」で備蓄率向上へ

「おくる防災」で備蓄率向上へ

エールマーケットでは、「生きていてほしい人に防災用品を”贈る」「遠くに住む大切な人に防災用品を”送る”」という習慣が世の中に根付いていくことを目指し、3月11日を「おくる防災の日」に制定。
2021年2月22日(月)には、一般社団法人日本記念日協会に「おくる防災の日」が正式に登録された。

今回スタートした「#おくる防災」企画では、特設サイトにて「おくる防災」の取り組みを紹介するコンテンツを公開。

さらに、防災士が厳選した防災用品をまとめた非常持ち出しセット、防災用品だけを厳選したカタログギフト「LIFEGIFT」、カゴメの防災用野菜スープ、吉野家の缶詰など、被災者の声をもとに開発された防災食、防災用品など約20点を販売している。

災害大国といわれる日本では、最低3日から1週間分の食品を家庭で備蓄することが望ましいとされている。
一方で、内閣府の世論調査では「食料などを備蓄している」と答えた割合は調査対象の半数以下に。必要性は認識していても、先延ばしにしたり忘れている人が多いことがうかがえる。

ヤフーでは「#おくる防災」企画をきっかけに、準備を先延ばしにしがちな防災食や防災用品を大切な人へ贈ることで、備蓄率の向上を目指すとしている。

エールマーケット「おくる防災」

情報提供元:BITDAYS
記事名:「防災用品を大切な人へ。3月11日は「おくる防災の日」