Hulu、日テレ共同制作「君と世界が終わる日に」主題歌は菅田将暉

2021年1月17日(日)22:30より放送がスタートする日本テレビとHuluの共同製作ドラマ「君と世界が終わる日に」。
本日2021年1月4日(月)、菅田将暉の「星を仰ぐ」が本作の主題歌に決定したことがわかった。

終末世界を描いた極限の人間ドラマ

「君と世界が終わる日に」は、主人公の間宮響が死と隣り合わせの終末世界を逞しく生き抜く姿を描いた、サバイバル・ラブストーリー・ミステリーの3つをかけ合わせた極限の人間ドラマ。

間宮響を竹内涼真、響の恋人であり研修医の小笠原来美を中条あやみが演じるほか、笠松将、飯豊まりえ、大谷亮平、笹野高史などが出演している。

また、脚本は「アリスの棘」「真犯人」「絶叫」などの池田奈津子、演出は「トドメの接吻」「美食探偵 明智五郎」などを手掛けた菅原伸太郎が務める。

今回本作の主題歌として抜擢された菅田将暉の「星を仰ぐ」は、本編で毎話登場する特別なエンディングで流れるとのこと。
今まで当たり前だった世界が一変した時、大切な人に向ける想いを飾らず歌い上げるバラードとなっている。

※紹介している作品は、2021年1月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「Hulu、日テレ共同制作「君と世界が終わる日に」主題歌は菅田将暉