時刻表や到着予定時刻を表示。スマートバス停が首都圏で初導入

YE DIGITALと西鉄エム・テックが共同開発した「スマートバス停」が、国内外バス・ホテル事業などを展開する国際興業が管理する、さいたま市内のバス停「日大前」「南中野」で2020年11月17日(火)より運用開始した。

首都圏でスマートバス停の展開加速へ

「スマートバス停」は、デジタルサイネージに当日の時刻表や到着予測時刻、広告などをリアルタイムで表示するバス停。

バス利用者の利便性向上に寄与するほか、遠隔でデータ更新などの操作が行えるため、メンテナンスの負担軽減にもつながる。

地方都市である北九州市、金沢市などに設置してきた「スマートバス停」だが、今回首都圏初となるさいたま市でも配置を開始した。
今後も首都圏における「スマートバス停」の展開を加速させていくとのことだ。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「時刻表や到着予定時刻を表示。スマートバス停が首都圏で初導入