楽天、ドローンを活用した工事進捗管理サービスを開始

楽天AirMapが2020年11月18日(水)より、ドローンを活用した土木・建築現場の工事進捗管理を支援するサービス「JobSight(ジョブサイト)」の提供を開始した。

高所からの現場確認がスムーズに

「JobSight」は、ドローンを使って撮影した土木・建築現場の画像を、クラウド上で一元管理するシステムを各事業者に提供し、作業進捗の記録や管理を支援するサービスだ。

ドローンで撮影することで、これまで困難だった上空からの現場全体の確認、高所などにおける工事進捗の記録が容易になる。

さらに、飛行ルートを事前に指定して自動航行させることで、定期的に同じ地点・角度から撮影ができるため、工事発注者への進捗報告や自社内での進捗管理業務の改善にもつながるという。

撮影した画像は、クラウド上のシステムで時系列に沿って閲覧でき、建設後の各種施設の整備・点検といった施設管理業務にも役立てられる。

現在、長野県の窪田建設が2020年8月より本サービスを先行試験導入。砂防堰堤工事や橋梁補修、病院建設など実際の土木・建築現場で活用されている。

JobSight

情報提供元:BITDAYS
記事名:「楽天、ドローンを活用した工事進捗管理サービスを開始