「キャッシュレスのお年玉」過半数の親が賛成

総合マネースクールのファイナンシャルアカデミーが、子供を持つ全国の男女300名を対象に、3年目の「キャッシュレスとお年玉に関する意識調査」を実施した。

非接触、オンラインでの送金が支持受ける

調査では「お年玉のキャッシュレス化についてどうに思いますか?」と質問したところ、「とても良いと思う」が10%、「まあ良いと思う」が41%と、過半数がキャッシュレスのお年玉に対し肯定的な考えを示した。

過去2年間に実施した同調査では賛成派が30%台であったが、「支払いが便利」のほか「非接触なので感染リスクを軽減できる」「帰省自会えなくても贈ることができる」といった新型コロナウイルス対策に関連した声もあがっていたという。

一方で、「お金のありがたみ、価値がわからない」「伝統だから、情緒がない」「セキュリティが不安」など反対派の声も多く見受けられた。

「2021年のお正月、子どもにお年玉をどのようにあげますか?(親戚の子どもなど含む)」という質問では、「キャッシュレスであげる」と答えた割合は全体の約1割に留まった。

しかし、過去に行なった同調査と比較すると「キャッシュレスでお年玉をあげる」と回答した人は2019年は4%、2020年は7%であったため、わずかに増加傾向であることがわかった。

「お年玉をキャッシュレスであげる」と回答した理由では、「新型コロナウイルス対策として衛生面で安心だから」「帰省自粛で現金のお年玉を渡せないから」といった、新型コロナウイルスに関連した理由がトップに。

キャッシュレスでお年玉を渡す手段では、「◯◯Payなどのスマホ決済」「nanacoなどのプリペイド型電子マネー」「Suicaなどの交通系ICカード」が上位となった。

楽天ペイはいつでもポイント最大1.5%還元!

情報提供元:BITDAYS
記事名:「「キャッシュレスのお年玉」過半数の親が賛成