ポイ活をしながらフードロス削減に貢献

ADAPTER INC.が、弁当・惣菜の消費データを消費者から直接収集するアプリ「DELIPO!」をリリースした。収集されたデータは、企業の商品開発、業務改善やフードロス削減に役立てられる。

食後のアンケートに答えてポイント獲得

フードロス削減に貢献できるスマホアプリ「DELIPO!」では、弁当・惣菜のラベルとレシートを撮影し、食後のアンケートに回答することで最大5円相当のポイントを貯めることができる。
貯まったポイントは、Amazonギフト券との交換またはフードロス削減活動への募金が可能だ。

ユーザーが「DELIPO!」に提出したデータは、サスティナブルな生産と消費を目指すために活用される。
スーパーや食品メーカーが、「DELIPO!」ユーザーのリアルな反応をもとに、味・内容量・販売量・販売時刻などの改善につなげ、フードロス削減に取り組む。

DELIPO! 公式ホームページ

情報提供元:BITDAYS
記事名:「ポイ活をしながらフードロス削減に貢献