ユーザー車検の予約方法を紹介!自動車検査インターネット予約システムとは?

車検は2年おきにまとまった費用が必要となるため、なるべく安い費用で車検を行いたいものです。車検業者を通さずに自ら車検を行うユーザー車検は、費用を抑えて車検を受けることができるため、選択肢に入れている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、ユーザー車検をネット予約する方法や、安い費用で車検を行える車検業者を紹介します。

ユーザー車検とは

ユーザー車検とは、車検専門業者やディーラーなどに車検依頼をせず、自分で行う車検のことをいいます。予約をして運輸支局に車を持って行き、自動車検査員の指示に従って車の検査を行います。

ユーザー車検は2~4万円程度の費用を抑えることができる

ユーザー車検では法定費用の支払いは必須ですが、車検基本料金といった業者に支払う費用が一切かからないため、2~4万円程度の費用を抑えて車検を行うことができます。また、ユーザー車検であれば車検を1日で終わらせることができるため、代車を用意する必要もありません。

ユーザー車検は専門知識が必要

ユーザー車検では業者に頼む車検と比べ、細かい不具合のチェックが難しく、のちに部品の交換などを行わなければならないことがあります。
また、ユーザー車検は車の点検・整備に関する専門知識が必要になることから、初心者の場合は車検に時間がかかることも多く、費用面だけを見てユーザー車検を選択すると苦労することもあるかもしれません。

ユーザー車検をネット予約する方法


ユーザー車検では、運輸支局で車検を行えるようにあらかじめ予約をする必要があります。ユーザー車検をネット予約する方法を紹介します。

自動車検査インターネット予約システムとは?

自動車検査インターネット予約システムとは、国土交通省のサイトで行うユーザー車検の予約システムです。普通自動車のユーザー車検の場合、電話予約ができず、自動車検査インターネット予約システムから予約を行う必要があります。

また、軽自動車は電話、または軽自動車検査協会の「軽自動車検査予約システム」から予約を行わなければいけません。

自動車検査インターネット予約システムの使い方

ユーザー車検を受ける予定が決まったら、検査2週間前から自動車検査インターネット予約システムにアクセスをし、アカウント登録を行います。

アカウント登録をしたことがない方は、「新規アカウント登録」ですべて入力し、パスワードはログイン時に必要となるため、メモを行いましょう。「同意して登録」をクリックすることで、自分のIDが発行されます。

次に、TOP画面からIDとパスワードを入力してログインし、「検査の予約」からユーザー車検予約を行います。
ユーザー車検を行いたい場合は、以下の項目を選択していきましょう。

受験検査場の選択:ユーザー車検を受ける車検場
検査種別の選択:継続車検
検査車種の選択:普通車

また、ユーザー車検の予約時間の選択画面では、検査場によって予約ができるラウンドが異なるため、希望する日の「〇」や「△」の空き時間帯を選択します。

予約情報入力画面では、選択した予約内容に誤りがなければ「住所」および車検証に記載された「車体番号(下4桁)」を入力して予約を行うと、予約番号が発行されます。予約番号は検査当日に必要となるため、メモや印刷を忘れないようにしましょう。

また、予約日時の変更・取り消しを行う場合は、メニューにある「予約確認・変更・取り消し」項目から変更ができるので、安心してください。

車検業者もネット予約できる?

ユーザー車検は車検費用を抑えることができますが、車の専門知識や技術のない方にとっては不安要素の強い車検となります。そのため、車のコンディションを良好に保つことを重視する方は、車検業者を利用する方が良いでしょう。
車検業者を選ぶ際も、ネットで簡単に予約をすることができます。

車検業者のネット予約方法

車検業者をネット予約するのであれば、車検の見積もり依頼ができるサイトを検索し、自分の住む地域で業者を絞り込みます。中には、一括で多数の車検業者の見積もりができるサイトもあるため、効率良く依頼するのであれば、多くの車検業者と比較ができる予約サイトを選ぶと良いでしょう。

予約サイトでは、地域や条件(例えば、クレジットカード利用可・1日車検・代車無料など)で車検業者を絞り込んでいきます。絞り込んだ車検業者から気になる車検業者やプランを選び、細かい条件などを要望記入欄などに記載して、見積もりを依頼します。

車検業者からおおよその見積もりの返答がきたら、見積もり依頼を出した業者の比較検討を行っていきましょう。ただし、ネット見積もりでは正確な見積もり額が出ないため、実車見積もりが無料な車検業者では、実際に車を持ち込んで見積もってもらうことをおすすめします。

最終的に見積もりから車検を依頼する業者を決めたら、正式に予約確定することでネット予約が完了します。

車検の時期やタイミングは?


車検は2年間おきに受けることになりますが、有効期限満了日の1ヶ月前から車検を受けることができます。また、車検のネット予約できる時期は、車検を受ける日の2週間前からとなっています。

ただし、有効期限満了日のギリギリになってから車検を受けようとする場合、予約が埋まってしまう可能性もあるため、注意が必要です。
特に複数の業者の見積もりを比較して車検業者を選ぶ場合は、価格交渉などを行う必要も出てくるため、車検をネット予約する時期・タイミングとして、有効期限満了日の2週間前までに済ませておくことをおすすめします。

車検をネット予約したい方におすすめのサービス

ネットで車検予約を行うなら、車検業者を比較することができるネットサービスを利用しましょう。さまざまな車検業者の比較や車検予約ができるサイトを紹介します。

カーセンサー.net

リクルートが運営しているカーセンサー.netは、車の総合情報サイトで車検の見積もりや比較を簡単に行うことができるサイトです。カーセンサー.netでは自宅近くの業者や店舗、車検費用やサービス内容などを一括で比較することが可能です。

また、カーセンサー.netでは口コミが多数投稿されているため、気になる車検業者を絞り込んだら、口コミをチェックすることができます。

GooPit(グーピット)

グーピットは全国の整備工場情報を10,000店舗以上掲載している車専門サイトで、自分の住んでいるエリアの店舗をまとめて検索し、車検・点検費用を簡単に比較することができます。
簡単に近くの車検業者を検索できるだけではなく、サイトを通した問い合わせ・見積もり依頼はすべて無料となっています。

さらに、車検の見積もり依頼はメールで一括送信することができるため、グーピットは手間をかけずに車検予約を行いたい方におすすめです。

楽天Car車検

全国の車検整備工場が掲載されている楽天Car車検は、楽天が運営しているサイトです。自宅近くの店舗の検索が行いやすく、車検費用の比較を簡単に行うことができます。
楽天Car車検では、さまざまな条件で車検業者を検索することができるため、ニーズに合った車検業者を選びやすいです。

また、楽天Car車検は見積もりを受けるだけで楽天ポイントがもらえ、予約した車検業者で楽天カード支払いを行うと、さらにポイントがお得に貯まります。

車検予約は余裕をもって行おう

普通自動車のユーザー車検や車検業者を使った車検予約はネットから簡単に予約を行うことができます。
ユーザー車検も車検業者での車検予約も、車検を受けたい2週間前から予約を行うことができます。自分の都合に合った時間を選ぶためにも、時間の余裕をもって車検予約を行いましょう。

車検について詳しくはこちら

情報提供元:BITDAYS
記事名:「ユーザー車検の予約方法を紹介!自動車検査インターネット予約システムとは?