楽天、環境省の「エコ・ファースト企業」認定

楽天が2020年10月21日(水)、環境省から「エコ・ファースト企業」の認定を受けたことが発表された。

ユーザーの持続可能なライフスタイルをサポート

「エコ・ファースト企業」は、環境の分野で「先進的、独自的でかつ業界をリードする事業活動」である先進企業を環境大臣が認定する制度「エコ・ファースト制度」で認定された企業。

楽天は今回の認定取得にあたり、自社の環境保全活動に関する取り組みを「エコ・ファーストの約束」として環境大臣に約束した。

楽天ではこれまでに、商品を配送する際に発生する温室効果ガスを削減するため、再配達を抑止する受け取り専用ロッカー「楽天BOX」や「EARTH MALL with Rakuten」など、持続可能なライフスタイルをサポートする買い物の機会をユーザーに提供してきた。

また、サスティナブルなオーガニック農業の普及に取り組む「楽天ファーム」のほか、「楽天エナジー」では、「楽天でんき」「楽天でんきBusiness」の契約者に向け、節電や二酸化炭素排出の削減につながる取り組みも行ってきている。

2019年12月には、国際イニシアチブ「RE100」に加盟し、事業活動で使用している電力を2025年までに100%再生可能エネルギーにすることを目指している。なお、2019年末時点では再生可能エネルギー比率が51.4%に達しているという。

楽天ペイなら楽天のサービスで使えるポイントが貯まる!

情報提供元:BITDAYS
記事名:「楽天、環境省の「エコ・ファースト企業」認定