セブンイレブン、セルフレジを9月以降導入へ

セブン‐イレブン・ジャパンが7月29日(水)、全国のセブン-イレブンにおいて「お会計セルフレジ」を9月以降順次導入することを発表しました。

従業員との接触を減らして支払いが可能に

「お会計セルフレジ」は、来店客がレジに並ぶ時間の短縮、従業員のレジ接客に対応する時間の短縮と作業効率化を目的に、綿密な実証実験を経てセブン-イレブンへ新たに導入するものです。

実証実験を行った一部のテスト店舗では、セブン‐イレブンの平均的な売上・客数の店舗における見込み計算値から、1日あたり約7時間分のレジ接客時間の削減が実証されています。

本サービスは既存のPOSレジを活用し、現金会計用の精算機やカード読み取り端末を設置。
支払い方法は現金のほかにクレジット/デビットカード、バーコード決済サービス、nanacoSuicaなど交通系電子マネーなどキャッシュレス決済にも対応します。

なお、支払いは来店客自身が精算機や端末を利用して行う仕様となっているため、従業員は現金やカード、スマートフォンなどに触れずに接客が行えます。

「お会計セルフレジ」は9月以降順次導入予定であり、2021年8月までに全エリアへの導入を完了する見込みとのことです。

セブンカード・プラスはセブンイレブン、イトーヨーカドーでいつでも1%還元!

情報提供元:BITDAYS
記事名:「セブンイレブン、セルフレジを9月以降導入へ