少子高齢化、70歳定年時代、年金問題だけでなく、コロナウイルス感染症拡大による景気の陰りを感じて将来が不安な今日この頃。普通に企業に勤めるだけでは老後の蓄えが十分でない時代に、今から始める初心者向けに、投資の基本と投資商品の特徴についてまとめました!

初心者必読!投資の基本とお作法

初心者必読!投資の基本とお作法

資産形成としての投資

教育や老後資金など、今すぐに必要にならなくても、将来のために増やしていきたいお金は、株式や投資信託などを利用した「投資」の形で、長い期間をかけて少しずつ増やすことができます。これらの「投資」の形で持っていると、お金として引き出して使うためには、投資した資産を売却して現金に換えるなど、一定の手順を踏む必要があります。また、値上がりや利益の分配などを通じて、預貯金よりも利益を得られる可能性が高いという性質がありますので、一般的には、ある程度、先を見越した備えのために活用するのに向いています。

投資のリスク

投資には「リスク」があります。一言で「リスク」といっても、「リスク」にはさまざまな種類がありますので、それがどのような内容なのかを正しく理解しておくことが重要です。
投資における「リスク」の代表的な例を見てみましょう。これらの「リスク」はいわゆる「危険」や「損失」のことではなく「可能性」のことを意味している点に注目してみてください。

〇株価変動リスク

・株(株式)の価格が上下する可能性のこと。
・株価(株式の価格)の変動は、日本はもちろん、世界各国の景気や経済の動向、政治や経済の情勢のほか、株式を発行している企業の業績など、さまざまな要因によって起こります。

〇信用リスク(デフォルト・リスク)

・株式や国債・債券などを発行している国や企業が、財政難や経営不振などを理由に投資家から預かっていたお金(元本)や利息の一部または全部を返済する能力がなくなる可能性のこと。

流動性リスク

・市場(マーケット)で金融商品を売りたいときに売ることができなかったり、希望する価格で売れなかったりする可能性のこと。

〇金利変動リスク

・金利の変動によって、債券の市場価格が変動する可能性のこと。
・金利が上昇すると、債券価格は下落し、金利が低下すると、債券価格は上昇します。

為替変動リスク

・異なる通貨の為替相場の動きにより、外貨建ての円換算による金融商品の価値が変動する可能性のこと。
・例えば、ドル建てで金融商品を持っている場合、為替相場が円高・ドル安に動いたときには、日本円で見たとき外国証券の価値が減少することになります。このドル建てで持っている金融商品の価格が、将来の円高・ドル安によって価格が減少する可能性のことを、「為替変動リスク」と呼んでいます。

出典:金融庁ウェブサイト
https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/knowledge/basic/index.html

The post 【初心者におすすめ】資産運用と投資を知りたい!投資商品それぞれの特徴は?サクッと学べるYouTuber紹介もあり【投資まとめ】 first appeared on StartHome.

情報提供元 : 編集部記事
記事名:「 【初心者におすすめ】資産運用と投資を知りたい!投資商品それぞれの特徴は?サクッと学べるYouTuber紹介もあり【投資まとめ】