yahoo

ORBIS(オルビス)の大人気シワ改善・美白 (※1) UVが“進化系・攻防一体型UV”へとパワーアップ!『オルビス リンクルブライト UV プロテクター』新発売【2023年2月20日(月)】

2022.12.06 16:00
rss GODMake
ビューティー
コメントする

ORBIS(オルビス)人気のシワ改善・美白(※1)UVが進化

撮影:
  • byBirth
  • オルビスは、より多くの方のシワ悩みを解決したいという想いを込めて、シワ改善・美白シリーズ『リンクルブライト』シリーズを展開。シリーズ第1弾として2022年10月にシワ改善・美白美容液『オルビス リンクルブライトセラム』を発売しました。
    来春には続く第2弾として、2021年の発売以来人気を博している、シワ改善・美白UV『リンクルホワイト UV プロテクター』がリニューアル。新たに健康を維持する因子である“ウェルネス因子(FGF21・※2)”に着目し、さらに進化した『オルビス リンクルブライト UV プロテクター』として新発売します。

    進化ポイント

    撮影:
  • byBirth
  • 1. 【攻め】シワやシミに立ち向かうための有効成分&独自研究に基づいた攻めの成分アプローチ

    従来から配合しているシワ改善・美白有効成分Wナイアシン(※3)に加え、ハリと透明感のある肌を叶えるために、独自研究に基づいた成分「マルチプルフィトラスター(※4)」を新配合。シワを改善しシミを予防しながら、イキイキと輝くハリと透明感のある肌へと導きます。

    2. 【守り】有害なガス(※5)さえも味方に変える成分「プロテクトエコシステム(※6)」を新配合

    日中の肌が置かれる過酷な状況に着目し、有害なガス(※5)さえも味方に変える成分「プロテクトエコシステム(※6)」を新たに配合。
    自動車の排気ガスやたばこの煙などに含まれる有害なガスを水と二酸化炭素に分解し、その過程で発生するイオンでプロテクト膜をより強固にします。有害なガズさえも肌の味方に変えていく、画期的なテクノロジーです。
    さらに、
    で、日中の肌をこれまでに以上に守ります。

    3. 肌に触れた瞬間にとろけて馴染む、進化した“ここちよさ”

    “日焼け止めを塗った時の違和感”や“きしみやべたつき”が少なく、まるで保湿クリームのようなここちよさが大好評だったこだわりのテクスチャーがさらに進化。
    とろけ感をさらに追及し、肌に触れた瞬間にとろけてなじむ、摩擦レスな使用感を叶えました。
    きめ細やかでなめらかな肌に整え、ファンデーションのつきやのりを良くするので、化粧下地としても使用可能です。

    ORBIS(オルビス)新製品概要

    2023年2月20日(月)新発売

    ※1:メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ
    ※2:FGF21は、糖質を摂取したい欲求を抑制したり、脂肪代謝を高める機能があるなど、健康維持のために働くことから、オルビスでは「ウェルネス因子」と名付けました。
    ※3:ナイアシンアミド
    ※4:アスパラサスリネアリスエキス、チョウジエキス、セイヨウノコギリソウエキス
    ※5:アセトアルデヒド
    ※6:本品は化粧品であり、空気清浄機能はありません。
    ※7:<試験方法>オルビス リンクスブライト UV プロテクターを、ガーゼに均一に塗布し、片方の天面が開放されているアクリスの筒に挟んだ。一方の筒に花粉、またはカーボンブラック(炭素の微粒子)を入れたガラスシャーレを用意し、その上から小型扇風機を回し始めた30秒後に透過量を計測した。
    (平均値, P<0.01,t-test n=3)(ポーラ化成研究所調べ)
    ※8:<試験方法>オルビス リンクスブライト UV プロテクターの膜で、ブルーライト領域である380~500nmの透過率を測定し、平均カット率を算出した(カット率=100-透過率)。n=1(ポーラ化成研究所調べ)
    ※9:酸化チタン
    \ この記事をシェア /
    Facebook    Twitter
    おすすめ関連記事
    アクセスランキング
    • 日間
    • 週間
    • 月間