腹筋エクササイズをすると腰が痛くなってしまう場合の対処法

なぜ腹筋エクササイズをすると腰が痛くなるのか?

まずは「腹筋エクササイズをすると腰が痛くなってしまう理由」について触れておきたいと思います。
その理由として考えられるのが、
腰の反りが強いと、上半身や下半身を下ろした際に「腹直筋」や「内・外腹斜筋」、そして「腹横筋」などといった腹筋群の力が抜けてしまうだけでなく、腰部の筋肉への緊張が強くなってしまうと考えられるのです。
そのため、腰を痛めずに腹筋群への効果を高めるには、強く前傾した骨盤をリセットさせておく必要があると言えます。
出典:
  • byBirth
  • 腹筋エクササイズをすると腰が痛くなる場合に行っておきたい2つの対処法

    それでは、腹筋エクササイズをすると腰が痛くなってしまう場合に行っておきたい対処法を、ここでは2つお伝えしたいと思います。
    対処法1:「強く前傾した骨盤」をリセットするストレッチを行う
    先ほどお伝えしたように、腹筋エクササイズを腰を痛めずに腹筋群への効果の高いものにするには、強く前傾した骨盤をリセットさせておく必要があると言えます。
    骨盤が強く前傾する背景として、腸腰筋と大腿直筋といった「股関節屈筋群」の柔軟性の低下が挙げられます。これらの筋肉は「股関節を曲げる」という働き以外にも、「骨盤を前傾させる」というそれもあるのです。
    そこで、柔軟性を高めて強く前傾した骨盤をリセットさせるために、「股関節屈筋群への静的ストレッチ」を行います。
    しかし、それだけではまだ不十分で、腹筋エクササイズで腹筋群に効かせるようにするには、骨盤後傾方向への動きを高めることも必要となります。そのため、「骨盤後傾方向への動きを高める動的ストレッチ」も合わせて行うようにします。
    1. 股関節屈筋群への静的ストレッチ
    出典:
  • byBirth
  • 左右それぞれ、
    骨盤を後傾させるには、
    ストレッチ中は
    2. 骨盤後傾方向への動きを高める動的ストレッチ
    出典:
  • byBirth
  • 上の写真のように四つん這いの体勢となり、腰を軽く反らせた状態から丸めていく動きを10回繰り返します。
    対処法2:腰への負担の少ない腹筋エクササイズを行う
    腰を痛めずに腹筋に効かせるには、「腰への負担の少ない腹筋エクササイズを行う」というのも方法の一つです。
    ここでは手軽に簡単にできる腹筋エクササイズを2つご紹介したいと思います。
    1. ペルビックチルト
    出典:
  • byBirth
  • そうすることで「腹直筋下部」と「腹横筋」を鍛えることができます。
    15~20回を1分程度の休憩を入れながら、3セット行いましょう。
    腹直筋下部と腹横筋に効かせるには、
    2. フロッグクランチ
    出典:
  • byBirth
  • みぞおちを支点に上体を起こすことで、「腹直筋上部」と「内・外腹斜筋」を鍛えることができます。
    これも15~20回を1分程度の休憩を入れながら、3セット行います。
    両膝を開いてクランチ動作を繰り返すことで、股関節屈筋群が関与しなくなるので、腰の反りを強めることなく腹筋群に効かせられるようになります。
    エクササイズ中は

    効果の高い腹筋エクササイズで「引き締まったお腹」を手に入れましょう!

    出典:
  • byBirth
  • 今回は腹筋エクササイズをすると腰が痛くなってしまう場合の対処法を2つお伝えしました。
    たったこれだけで、腰を痛めずに腹筋に効かせることができるようになり、お腹引き締め効果が実現できるようになります!
    これまで「腹筋エクササイズをすると腰が痛くなってしまう…」と悩んでいた方は、是非お試しください!

    Yahoo!で調べてみよう

      Loading...