眉毛を描くのが苦手な方は幅広の大きめブラシが正解!アイブロウブラシの選び方やおすすめを紹介!

アイブロウブラシの選び方
出典:byBirth

アイブロウを描こうとしても、うまく描けなくて自信がないという方も多いのではないでしょうか?

細いブラシや小さいブラシだと、描きにくく感じることも。そのような方は、大きくて斜めカットのアイブロウブラシだと、簡単に描けるようになります。

アイブロウブラシの選び方

アイブロウブラシの選び方
出典:byBirth

ここでは、アイブロウブラシの選び方をご紹介します。大きく分けて4つの選び方のポイントがあるので、それぞれ解説していきます。

ブラシの大きさで選ぶ

幅広の大きいブラシは初心者でも簡単にアイブロウが描けるのでおすすめ。付属で入っているブラシなどは、細くて小さいものがほとんどなので、使いにくいかもしれません。

ブラシの硬さで選ぶ

硬めのブラシは、もともとの眉毛が薄い方におすすめ。しっかりと濃く描けます。柔らかめのブラシは、眉毛が濃いめの方におすすめ。ふんわりと優しい印象の眉に仕上がります。

ブラシの形で選ぶ

ブラシの形は、ラウンド型と斜め型があります。ふんわりと丸みがある眉に仕上げたい時はラウンド型、並行眉に仕上げたい時は斜め型を選ぶと良いでしょう。

ブラシの毛の種類で選ぶ

ブラシには、人工毛と天然毛があります。

人工毛だとお手入れがしやすいため、いつでも清潔に保てるのが嬉しいですね。また、お手頃価格で購入できます。天然毛は、粉含みが良いのでアイブロウがしっかりと入ります。しかし、手入れがしいにくいのと価格が高いのが迷うポイントです。

幅広の大きいブラシがおすすめな理由は?

幅広の大きいブラシがおすすめな理由
出典:byBirth

さまざまなアイブロウブラシがある中で、なぜ幅広の大きいブラシがおすすめなのでしょうか?

なぜかというと、細いブラシだと何度も線を描き足さなくてはいけませんが、幅広の大きいブラシだと一筆でアイブロウが描けるからです。

ぼかす時も少ない動作で簡単にぼかせるので、今まで細いブラシを使っていた方が幅広のブラシを使ったら、使いやすさにびっくりするかもしれません。

また、並行眉や太めの眉を描きたい方にはとても使いやすいく、メイク初心者にもおすすめです!

おすすめのアイブロウブラシをご紹介!

フーミー アイブロウブラシ 熊野筆

フーミーで大人気の斜め型のアイブロウブラシです。適度な硬さと幅広なブラシなので、しっかり眉を描きたい方におすすめです。

このくらい太めのブラシだと、アイブロウを描くのが苦手な方でも簡単にすっと描けますよ!まずは眉毛全体を描いてから、毛が足りない部分をポンポンと叩くように隙間を埋めると、自然な仕上がりになります。

筆者は、フーミーアイブロウブラシを愛用しているのですが、購入した時には「持ち手が少しだけ短いかな?」と感じましたが、描く時には違和感なく持てました。このサイズ感は長すぎないので、ポーチにも入れやすく、長く愛用しています!

アディクション アイブロウ ブラシ

アディクションの「アイブロウ ブラシ」は、幅広の斜め型カットで、使い方によってシャープにもナチュラルにも思いのままに描けるアイブロウブラシです。

弾力やコシがある硬めのブラシなので、描きやすいのが特徴。眉に絡みやすい毛質で、描いた眉をふんわりぼかすのにも適しています。また、色の濃淡が付けやすいので、ご自身の理想の眉に仕上がります。

アイブロウブラシの中ではかなり大きめな幅広ブラシなので、一筆描けばその後描き足さなくても良いのも嬉しいですね。

ARTISAN&ARTIST* 熊野筆 アイブロウブラシ

毛の根元は太くコシがあり、毛先は細い毛質となっているため、毛の間に入り込んで地肌にしっかりとパウダーを乗せることができるのが特徴のアイブロウブラシ。

こちらも幅広のブラシなので描きやすく、太い線も細い線も角度を変えることで思い通りに描けます。

毛の先端をカットしないブラシのため、使い続けるとなじんでいきます。肌に当たった感じはチクチクすることもなく、硬すぎないところが人気のポイントです。

また、持ち手は高い操作性とグリップ力があり、ブラシケースへのアプローチもスムーズです。

まとめ

アイブロウブラシ
出典:byBirth

この記事では、アイブロウブラシの選び方やおすすめのアイブロウブラシをご紹介しました。

幅広の大きめブラシは、一気に描けるので簡単に使えるところが人気のポイントということが分かりました。ぜひ本記事を参考にして、使いやすいアイブロウブラシを選んでみてくださいね。