秋の不調の原因

秋の不調の原因
出典:byBirth

9~10月になるとだんだん過ごしやすい日が増えてきて、散歩をしたくなったり窓を開けて心地よい風を感じたくなりますよね。ただ日中との寒暖差や季節の変わり目が原因で、体調を崩しやすくなったり気持ちが落ち込んでしまう人もいます。

夜寝ている時に体が冷えてしまって風邪を引いたり、自律神経が乱れて体調不良を引き起こす場合もあります。また日照時間が短くなって夜が長くなることから、気分が落ち込みやすくなったり感傷的になってしまうこともあるでしょう。

秋だからこそ「リラックスタイム」を作る

1. 運動の秋

運動の秋
出典:byBirth

まずは外に出てウォーキングをしてみましょう。ダラダラ歩くのではなく、外の景色や匂いを感じながら歩くことで五感が刺激されます。秋といったら金木犀の香りを感じられる季節なので、ウォーキングをしながら香りを探してみるのも良いでしょう。

体を動かすことで血流も良くなり、また日頃のストレスや運動不足を解消することにもつながります。リフレッシュも兼ねて、気持ちの良い気候の秋は外に出てみましょう。

2. 読書の秋

秋といったら「読書の秋」ですよね。日が沈むのが早くなると、なんとなく早く家に帰らなくてはいけない気持ちになります。特に今はコロナ禍ということもあり外出が制限されるため、家にいる時間が長くなりますよね。

そんな今だからこそ、日頃から本を読む習慣がない人も、秋はじっくり読書をする時間を作ってみてはいかがでしょうか?ジャンルは自分が読みやすいものであればなんでもOK。できれば電子書籍ではなく本を読むようにしましょう。

デジタルだとついネットを開いてしまったり、他の情報に気が散ってしまうため、スマホやタブレットから距離をおいて、じっくり読書に向き合う時間を作ることが大切です。

3. 食欲の秋

秋の楽しみといえば「食欲の秋」だと思います。食べることで気分転換をしたり、モチベーションを上げることもできるため、秋は食を楽しむのも一つの方法です。

ただ食欲の秋だからといって、ドカ食いをするのはNG。旬の食材を取り入れて、季節感を楽しむことがポイントです。

秋に使いたいおすすめのアロマオイル3選

リラックスする時に香りは必須。自宅でゆっくりと過ごしたい時や就寝前などに適したアロマオイルを使用することで、よりリラックス効果も高くなります。そんな秋におすすめのアロマオイルをご紹介します。

ラベンダー

ラベンダー
出典:byBirth

リラックスと聞いて思い浮かべるのはラベンダーだと思います。ラベンダーはアロマに抵抗がある人でもトライしやすい香りでもあるため、初心者さんにおすすめです。

ラベンダーはリラックス効果があり、緊張や不安で寝つけない時に適しています。夜、心が落ち着かなくてなかなか眠れない時に、寝室でラベンダーのアロマを焚くと、リラックスしながら眠りにつくことができるでしょう。

ベルガモット

ベルガモット
出典:byBirth

ベルガモットは柑橘系の爽やかな香りが特徴です。同じ柑橘系のレモンのようなスッキリとした香りというよりは、やや甘みや渋みも感じられます。ベルガモットの香りはアールグレイの紅茶で使われるので、馴染み深い香りともいえるでしょう。

ベルガモットには鎮静作用があり、心のケアをする際にも好まれる香りです。精神的に不安定な時や心を穏やかにしたい時に使ってみると効果を感じられるでしょう。

ただベルガモットは光毒性があるため、紫外線にあたるとシミや炎症を引き起こす場合も。外出する前に直接肌に使用することは避けましょう。

クラリセージ

クラリセージ
出典:byBirth

クラリセージは女性ホルモンのエストロゲンと似た構造の成分が含まれているため、ホルモンバランスの乱れによる体調不良の時に使うのがおすすめです。感情的になりやすい時や生理前などに使う人も多いようです。

香りはマスカットワインの風味付けに使用されていたということもあり、甘くてさわやかな香りが特徴です。

アロマを取り入れてリラックス

アロマを取り入れてリラックス
出典:byBirth

秋は夜の時間が長くなり、空気も澄んで過ごしやすい季節ですが、心や体が疲労しやすい時期でもあります。そんな時には無理をせず、リラックする時間を作ってみましょう。

自分の好きなことをして、そこにアロマで香りをプラスすると、より高い効果が得られるはずです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

情報提供元 : GODMake
記事名:「 秋の夜のリラックスタイムに!おすすめのアロマや過ごし方