気温の低下や空気の乾燥で、冬は肌のバリア機能が低下しがちです。乾燥が続くのに、普段通りのお手入れを続けていませんか?

大人の女性に是非取り入れて欲しいアイテムが『オイル』です。普段のお手入れにオイルを取り入れて、ツヤツヤ・もちもち肌を手に入れましょう!

肌の水分の蒸発を防いで、柔らかく保つという効果があるオイル。今回は数あるオイルの中から、オススメの3種類のオイルを紹介します。

ホホバオイル

ホホバオイル
出典:byBirth

ホホバオイルとは、『ホホバ』と呼ばれる植物の種から抽出されるオイルのことです。人間の皮脂にも含まれる『ワックスエステル』が多く配合されているので、肌なじみもよく低刺激で、どんな肌質にも使えます。ホホバオイルは、香りも強くなくクセもないので、オイル初心者にも使いやすいオイルです。

ホホバオイルには未精製のゴールデンホホバオイルと、精製されたクリアホホバオイルの2種類があります。

未精製のゴールデンホホバオイルは、ビタミンA・ビタミンE・ミネラル・アミノ酸などの栄養素が豊富なので、高い美容効果が欲しい人にオススメです。

精製されたクリアホホバオイルは、栄養素が少ないですが、刺激が少なくなっているので、肌が弱い人でも使いやすいです。またコスパもいいので、顔だけでなく全身にも使えますよ!

アルガンオイル

アルガンオイル
出典:byBirth

アルガンオイルは、『アルガンツリー』という植物の実から抽出されるオイルです。とても希少なオイルで『モロッコの黄金』と呼ばれるほどです。

アルガンオイルには美容成分が豊富に含まれ、特にビタミンEはオリーブオイルの約2~4倍も含まれているんです。その他にも、オレイン酸・リノール酸・ステロールなどアンチエイジングに役立つ抗酸化成分がたっぷり含まれています。

また、アルガンオイルは美白もサポートしてくれますし、リノール酸が含まれているので、肌の水分の蒸発を防ぐ効果があるんです。乾燥対策にはもちろん、エイジングケアから美白ケアまでできる優秀なオイルです。肌馴染みもよくしっとりした肌に仕上がりますよ。

使う時には、質の良いアルガンオイルを使いましょう!オーガニックのアルガンオイルは、きれいな黄金色をしていてナッツのような香りがします。

ローズヒップオイル

ローズヒップオイル
出典:byBirth

ローズヒップオイルは薔薇の実の種から抽出されるオイルです。ミランダ・カーやキャサリン妃も愛用しているということで有名です。

ローズヒップオイルには、ビタミンC・ビタミンA・ビタミンE・リノール酸・オレイン酸などのアンチエイジングや美白ケアに必要な栄養素がたっぷりと含まれています。中でも、ビタミンCはレモンの20倍含まれているともいわれています。

また、ローズヒップオイルは人の肌に近いph値を持っているので、肌馴染みが良く、肌のキメを整えてくれます。

しかし、他のオイルよりも臭いが独特なので、香りに敏感な方は不得意かもしれません。酸化も早いので、開封後は早めに使い切ることをオススメします。

お勧めのオイルの使い方

お勧めのオイルの使い方
出典:byBirth

化粧水の前後に使う

美容オイルを1、2滴ほど肌に馴染ませ、その後に化粧水を肌に染み込まることで、ブースターとしてオイルを使うこともできます。もちろん化粧水の後にオイルを使っても大丈夫です。水分の蒸発を防いで潤いのあるもっちり肌に仕上がりますよ!

ファンデーションに混ぜて使う

スキンケアにオイルを使うのを忘れたという時も大丈夫です。リキッドファンデーションにオイルを1滴ほど混ぜると、肌の内側から潤いを補ってナチュラルなツヤ肌に仕上がりますよ。ただしオイルを入れすぎるとベトベトしてしまうので注意して下さいね!

お風呂に入れて使う

お風呂に美容オイルを2、3滴、入浴剤代わりに入れて入浴すると乾燥対策になります。お風呂上がりにも潤いが持続するので、ボディークリームやオイルを塗る手間が省けますよ!お気に入りの入浴剤やアロマと一緒に使ってもいいですね!

オイルパックとして使う

洗顔後にオイルを500円玉ほどの量を取り、顔全体を包み込みます。オイルを滑らせて優しくマッサージした後に、ホットタオルで拭き取ります。贅沢なオイルパックでプルプル肌が蘇りますよ。

まとめ

いかがでしたか?オイルといっても種類は様々ですし、顔だけでなく沢山の使い道があるんです。オイルは大人の女性に嬉しい綺麗になれる成分が詰まったアイテムです。お気に入りのオイルを見つけて、スキンケアに取り入れてみて下さいね!

情報提供元:GODMake
記事名:「冬のスキンケアを見直そう!「オイル美容」で脱・乾燥肌