クリームって?

クリームって?
出典:byBirth

そもそもクリームとはどのようなはたらきをしてくれるのでしょうか?クリームは水分を蒸発させないように、潤いを閉じ込める役割があります。化粧水で水分を与えたあと、クリームの油分でフタをするような感覚です。

ただフタをする役割でいうと、乳液で十分な気もしますよね。スキンケアは化粧水と乳液だけで済ましている人も多いと思います。たしかに乳液も肌の水分を蒸発させない役割がありますが、クリームと比べると油分の量が異なります。

乳液とクリームでは油分の比率が違い、クリームの方がより油分が多く配合されています。乳液は肌を柔らかくさせたり肌に潤いを与える役割があり、クリームは油分が多い分長時間潤いを持続できるといえるでしょう。

クリームの使い方や注意点

クリームの使い方や注意点
出典:byBirth

クリームは肌の保湿には欠かせないアイテムですが、全ての人が使わなくてはいけないというわけではありません。脂性肌の人がクリームを使うと油分を与えすぎることになり、ニキビの原因になる場合もあります。そのため、このような人は乳液だけでも十分効果が得られるはずです。

ただ脂性肌だと思っていても、実は乾燥からくるベタつきの可能性もあるので、まずは自分の肌質を見極める必要があるでしょう。

またクリームを塗る時は、力を入れずに優しく塗り広げるように意識しましょう。摩擦が加わると肌へ刺激を与えることになります。

塗り方のコツは、クリームの種類によっても異なりますが、基本はパール粒くらいの量を、目元や口元の乾燥が気になる部分から塗り、全体に伸ばしていくイメージで塗るようにしましょう。特に乾燥が気になる部分は重ね付けするのも良いですね。

クリームを使うメリット

ニキビ予防

乾燥肌の人は、肌の乾燥を防ごうと皮脂が過剰に分泌されやすくなります。そうすると毛穴が詰まり、ニキビができる原因になってしまいます。

肌がベタつくと感じている人は、保湿が足りていないことが原因かもしれません。クリームを用いてしっかり保湿をして、水分と油分のバランスを整えることを意識すれば、ニキビ予防につながるでしょう。

キメが整う

クリームを使えば肌のキメが整う効果もあります。肌の保湿力が高まれば、その分肌ツヤも増して潤いに満ちた肌になることができます。キメが整えばファンデーションのノリが良くなったり、肌のトーンアップも期待できるでしょう。

エイジング効果

エイジング効果のあるクリームを使えば、肌の弾力アップや小ジワ、くすみ予防にも効果があります。年々肌の衰えを感じるようになってくる30代~40代は、アンチエイジングのクリームを選ぶとより効果を実感しやすいでしょう。

ターンオーバーを整える

乾燥による肌荒れの原因の一つに、ターンオーバーの乱れが考えられます。ターンオーバーが乱れると古い角質が肌に残ったままになったり、未成熟な細胞が作られてしまったりと、なにかと肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

ターンオーバーを正常にするためには、日頃の生活習慣を良くすることも大切ですが、肌を乾燥させないように保湿を入念に行うことも必要です。

おすすめのクリーム3選

KIEHL’S キールズ クリーム UFC

49g 4,400円(税込)

クリーム界の中でも超有名な存在ともいえる、キールズのクリーム。保湿力はバッチリなのに軽めのテクスチャーなので、クリームが苦手な人でも使いやすく、また朝のスキンケアにもぴったりです。

筆者はこのクリームを使うようになってから、目元にハリが出てきたように感じます。

花王 キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム(医薬部外品)

40g 2,530円(税込・編集部調べ)

セラミドケアができるキュレルのクリームは、愛用している人も多いかと思います。乾燥肌や敏感肌の人でも安心して使える低刺激設計なので、ゆらぎやすい季節にも適しているといえるでしょう。

ドラッグストアで購入できる手軽さもうれしい点ですね。

コスメデコルテ モイスチュア リポソーム クリーム

50g 10,000円(税抜)

コスメデコルテといえば「リポソーム」を思い浮かべる人も多いと思いますが、こちらはそのリポソームシリーズのクリームです。言わずもがな、高い保湿力はもちろんのこと、肌のバリア機能を高めてくれたり透明感のある肌に導いてくれるクリーム。

他にもアイクリームもあるのであわせて使いたい一品です。

クリームを使って潤い肌をゲットしよう

クリームを使って潤い肌をゲットしよう
出典:byBirth

クリームを使うメリットやオススメのアイテムを厳選してご紹介しました。肌質や季節によってはクリームを使う必要性がない時もありますが、乾燥にお悩みの人にはぜひ取り入れてもらいたいものです。

自分のなりたい肌や悩みに応じたクリームを見つけてみてくださいね。

情報提供元:GODMake
記事名:「スキンケアに「クリーム」って必要?クリームを使うメリットとおすすめアイテム3選