「ポッコリお腹」をもたらす2つの原因

お腹がポコッと出た、いわゆる「ポッコリお腹」をもたらす原因として2つ考えられます。

1つは「骨盤の開き」によるものが考えられます。「骨盤が開いた状態」というのは、本来逆三角形のような形をした骨盤が、台形のような形になった状態を言います。つまり、坐骨や恥骨といった骨盤の下の部分が開いた状態です。すると内臓が下垂して、下腹部がポコッと出た状態になると言われています。

骨盤の開きを改善することで、ポッコリお腹を予防・解消につなげる方法については、以前「もしかしたら『ポッコリお腹予備群』かも!簡単にできるチェック法と予防法をご紹介!」のところでご紹介しました。

しかし、この方法を続けていてもなかなかお腹周りが引き締まらないという場合、骨盤の開きによるものではなく、脂肪の蓄積によるものと考えられます。これが「ポッコリお腹」をもたらす、もう一つの原因です。

ポッコリお腹
出典:byBirth

お腹周りの脂肪を減らす方法は、「たった2つ」だけ!

それでは、お腹周りの脂肪を落とす方法についてお伝えしていきましょう。

「お腹周りの脂肪を減らすには何をしたらよいのか?」とつい複雑に考えてしまいがちですが、実は至ってシンプルです!たった2つの方法で、お腹周りの脂肪を減らすことができます!

その2つの方法とは、「筋トレ」と「有酸素運動」です。

有酸素運動は、脂肪を減らすのに有効であることは多くの人に知られていますが、それではなぜ筋トレがお腹周りの脂肪を減らす方法と言えるのでしょうか。

筋トレを行うことで、筋肉や骨の成長を促す作用がある他、脂肪分解作用もあると言われている「成長ホルモン」の分泌を促すことができるからです。成長ホルモンには、脂肪細胞を分解し、血中への遊離脂肪酸の放出を促すという作用もあるのです。

そのため、ただ有酸素運動を行うよりは、筋トレで成長ホルモンの分泌を促した上で行ったほうが、より多くの脂肪を燃焼させることができると言えるのです。

思うようなお腹痩せ効果が得られない人によく見られる「2つのミス」

「筋トレと有酸素運動の2つをすでに実践しているけれど、それでも思うような効果が得られていない…」という方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。

この2つを行っても思うような効果が得られない理由として、「2つのミス」をしていることが考えられます。

1. 筋トレのセット数が少ない上、休憩が長すぎる

「筋トレを行っているけれど、なかなか脂肪が落ちない…」という方、筋トレのセット数が少なかったり、セット間の休憩が長すぎたりしていませんか?そうすると筋肉中に乳酸を蓄積させることができないため、成長ホルモンを分泌させるまでには至りません。

成長ホルモンの分泌を促すには、筋肉中に乳酸を蓄積させる必要があります。そのためには、中程度の強度でセット数を多めにして、セット間の休憩を短くして筋トレを行うようにします。

具体的には、10回前後反復可能な強度で、3~5セットを1分間の休憩を挟みながら行うようにしましょう。

筋トレのセット数が少ない
出典:byBirth

2. 有酸素運動を行うタイミングと運動強度が間違っている

有酸素運動を筋トレ前に行っていたり、「脂肪を燃やそう!」という気持ちが強過ぎて、呼吸が乱れるくらいの激しい運動強度で行ったりしていませんか?

体脂肪を減らすにはやはり有酸素運動が欠かせませんが、それを行うタイミングや運動強度が間違っていると、十分な脂肪燃焼効果は期待できません!

有酸素運動で脂肪燃焼効果を高めるには、筋トレ直後に有酸素運動を行うようにすることがポイントです。その理由は、筋トレ直後は脂肪が分解され始めるタイミングだからです。筋トレ直後に有酸素運動を行うことで、分解された脂肪がエネルギーとして使われるようになるのです。そのため、20分以上行わなくても脂肪を燃焼させることができるのです。

また、脂肪を燃焼させるには運動強度も重要で、「ちょっとキツいかな」と感じる強度で行うようにします。

この2つを心がけて有酸素運動を行うだけでも、脂肪燃焼効果がアップし、お腹痩せ効果を後押しすることができます!

有酸素運動
出典:byBirth

効果を得るために外せない「もう一つのポイント」

効果を得るために外せない「もう一つのポイント」
出典:byBirth

今回はお腹周りの脂肪を落とす効果的な方法と、その際に気をつけておきたいポイントについてお伝えしてきました。

お腹周りの脂肪を減らす方法は、筋トレと有酸素運動のたった2つだけです。この2つの方法を効果的なものにするには、中程度の強度でセット数を多めにして、セット間の休憩を短くして筋トレを行うことと、有酸素運動を筋トレ直後に「ちょっとキツいかな」と感じる強度で行うことを心がけるようにします。

何度もお伝えしていますが、どんなに効果のあるエクササイズでも、続けなければ効果が得られません!そのためトレーニングは、週3回を目安に続けるようにしましょう。「続けること」こそ、効果を得るために外すことができない、重要なポイントです。

効果的なエクササイズを続けて行えば、必ず2~3ヶ月ほどでお腹周りに変化が現れてきます。お腹周りの脂肪を減らしたい方は、早速実践してみましょう!

情報提供元:GODMake
記事名:「お腹周りの脂肪を効果的に落とす「2つの方法」