女優でモデルの桐谷美鈴さんのような小顔は、多くの女性の憧れです。

顔の大きさは生まれ持った骨格のため変えられませんが、誰でもメイクテクニックで小顔に見せることはできます。しかし、どのようにメイクをすれば小顔効果が出るのかわからない人も多くいます。

本記事では、輪郭別に小顔メイクテクニックを紹介します。今回は「丸顔」「面長」「エラ張り顔」の3つの輪郭ごとに説明します。

小顔メイクについて

小顔メイクについて
出典:byBirth

小顔メイクは、輪郭を整えてより魅力的な顔にするためのメイク法の1つです。小顔メイクについて詳しく知ることで、自分の顔の特徴を活かす方法が分かり、オシャレの幅が広がります。

ここでは小顔メイクの「特徴」と「使用するアイテム」について説明します。

小顔メイクの特徴

小顔メイクは、コスメを使ってフェイスラインを一回り小さく見せる手法です。コスメの入れ方、濃淡のつけ方などを工夫するテクニックを使って行います。

とくに、顔の横幅が強調される丸顔やエラ張り、縦長が目立つ面長の人は、小顔メイクをすると輪郭のバランスが整い美しい顔立ちになります。自分の輪郭にあう小顔メイクテクニックを行い、理想の顔立ちを目指しましょう。

小顔メイクで使用するアイテム

小顔メイクで使用するアイテムは、次のとおりです。

ハイライト

ハイライトは、白っぽくラメやパールを含んでいるコスメです。額、頬骨、あご先などに入れると高さが出て、顔を立体的に見せる効果があります。

立体的な顔は、奥行きが出るため、輪郭の縦幅と横幅が縮まって見え小顔効果があります。

シェーディング

シェーディングは、ベージュや茶色のカラーをしているコスメです。目頭、頬の膨らみの部分に入れると、影ができ、輪郭をスリムに見せられます。

シェーディングは、ハイライトとは逆で影をつけることで顔を立体的に見せる効果があります。

チーク

チークは、血色感を与えて顔色をよくする効果だけでなく、入れ方や色によっては顔がスリムに見えて、小顔効果が期待できます。

小顔メイクをするときは、チークの使い方も工夫してみましょう。

輪郭別小顔メイクテクニック

輪郭別小顔メイクテクニック
出典:byBirth

小顔メイクは、輪郭によって仕方が異なります。自分の輪郭に合ったメイクテクニックを身につけましょう。ここでは、輪郭別におすすめの小顔メイクテクニックについて紹介します。

丸顔

丸顔
出典:byBirth

丸顔は、横幅が強調される輪郭のため顔が大きく見えます。メイクによって縦幅を出すことで、横幅が抑えられシャープな顔立ちになります。

小顔メイクに使用するコスメは、全て細く縦長に入れていくと効果的です。

ハイライトは、目の下、顎先、Tゾーンに細長い逆三角形に入れます。シェーディングは、あご先からこめかみにかけて輪郭に沿って引き上げるようにシャープに入れます。また、チークも頬骨からこめかみにかけて細く長めに入れます。

鋭角を意識するほど顔がスリムに見えるので、眉毛も眉尻を細く描くようにすると、より小顔効果が高まります。また、眉毛の色を目尻に向かうほど濃くするようにグラデーションをつけると、顔に奥行きが出て立体的になり小顔に見えます。

面長

面長
出典:byBirth

面長は、縦幅が長く、顔が大きく見えます。丸顔とは逆に、メイクによって横幅を強調することで、顔のバランスがよくなります。

面長の人は、チークの色や入れ方で小顔効果を狙いましょう。チークは、頬全体に広めに入れて横幅を出します。頬を引き上げたときに、頬骨の上と下に「こ」の字を描くようにして入れると自然な仕上がりになります。

また、チークの色は、赤みのあるものを選ぶと頬のこけを予防して、健康的な印象になります。頬をふっくらと見せられるので顔に立体感が出て、小顔効果を感じられます。

エラハリ顔

エラハリ顔
出典:byBirth

エラハリ顔は、顔の下半分が角ばって、重心が下がって見えることで大きく見えます。顔の角ばりをとりながら、重心を上に持ち上げるメイクをすることで、小顔効果を出すことが必要です。

シェーディングは、顎関節からあご先まで丸みをつくるようにして入れます。ハイライトは、Tゾーン、目の下に入れて顔の上半分を明るくして目立たせ、顔の重心が上に上がるようにします。

チークは、頬の少し外側に斜め上に向かって大きめの楕円形にして入れると、縦ラインが強調されてスリム顔に見えます。

まとめ

小顔メイク
出典:byBirth

小顔メイクは、コスメを使ってフェイスラインを一回り小さく見せる手法です。使用するコスメは「ハイライト」「シェーディング」「チーク」の3つです。

今回は「丸顔」「面長」「エラ張り顔」の3つの輪郭ごとに、上述のアイテムを使った小顔メイクテクニックを紹介しました。自分に輪郭に合った小顔メイクテクニックで、スリムで引き締まった魅力的な顔をつくりましょう!

情報提供元:GODMake
記事名:「【輪郭別】モデル並みの小顔になれるメイクテクニック!痩せ見えも叶う!