30代から痩せにくくなった?その理由とは

痩せない理由
出典:byBirth

20代は、食事量を減らしてすぐ痩せたのに、30代になってから何をしても痩せない、という人もおられるのではないでしょうか?これは、年齢を重ねるにつれ、基礎代謝が低下することが原因です。

基礎代謝とは、人間が生きる上で最低限必要なエネルギーのこと。痩せる=エネルギーを消費すること、なので、基礎代謝が高ければ高いほど、痩せやすいといえます。

そして、基礎代謝の中で、筋肉が最も多くエネルギーを必要とします。したがって、加齢とともに筋肉量が低下することで、基礎代謝が低下してしまいます。

野菜中心の食生活に注意が必要な理由

野菜中心の食生活に注意が必要な理由
出典:byBirth

なかなか痩せないと、カロリーを減らすために野菜中心の食生活になりがちですよね。野菜には食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富なため、もちろん積極的に摂りたいですが、30代からは少し注意が必要。

肉や魚などのたんぱく質が少ないと、筋肉が作られないため、代謝を上げられません。痩せることが仮に出来たとしても、それは健康的な痩せ方ではなく、少し食べる量を増やすだけで体重・体型が元通りになってしまうことも。

将来の美容・健康のためにも、30代からは、適切に栄養素を補給しながら、健康に痩せる体づくりが大切になります。

ダイエットで老けて見えないための方法とは

1:筋肉をつける

筋肉をつける
出典:byBirth

ウォーキングやヨガなどの有酸素運動だけでは、筋肉をつけることは難しいので、あわせて筋トレをすることが大切です。

腹筋やスクワットなど、体の中で占める面積が大きい筋肉を使うトレーニングは、効率よく筋肉をつけられるので、おすすめです。

2:体重にとらわれない

ダイエットをしている時に、体重で評価するという人も多いですよね。しかし、30代からは「健康に痩せる」ことが何より大切。体重ももちろん評価の一つになりますが、「体脂肪を減らす」「体型を美しく」の2点に意識しましょう。

体についている余分な脂肪を、適した食事や運動で減らす、ということが大切です。

また、体型も重要ですよね。いくら体重が減ったとしても、見た目が痩せ過ぎていたら不健康ですし、老けて見えることもあります。周りの人や、家族にも、どれくらいの体型が健康に見えるのか、チェックしてもらうのも良いですね。

3:糖質抜きはNG、食事抜きはNG

糖質抜かない
出典:byBirth

最近、糖質を摂らない、あるいは極端に少なくする人も多いですよね。糖質は、脳の唯一のエネルギー源ですし、制限し過ぎると体が飢餓状態だと思い込み、エネルギーを溜め込むようになり、余計に痩せにくくなってしまいます。

糖質を摂るのに抵抗がある場合は、なるべくGI値の低い食材を摂るようにしましょう。米を食べるなら玄米や雑穀米、パンはライ麦パン、麺類ではそば、など工夫して、糖質を1日1~2回は必ず摂るようにしましょう。

4:代謝を上げる食材を食べる

ダイエットには食事の量も大切ですが、少しでも代謝を上げる食材を摂り、脂肪を燃焼させることが重要です。

代謝を上げる食材を食べる
出典:byBirth

代謝を上げる食材

  • とうがらし:カプサイシンという辛味成分が代謝を促進させる
  • 生姜:ショウガオールという成分が、血液の流れを良くして代謝を促進させる
  • ねぎ、玉ねぎ:硫化アリルという成分が、血流の流れを良くして代謝を促進させる
  • うなぎ、アーモンド:ビタミンEが豊富。血流の流れを良くして代謝を促進させる

また、冷たい飲み物よりも温かい飲み物を飲み、体を冷やさない=血流を良くすることも意識してみてください。冷たい飲み物の場合は、いきなり飲むのではなく、口の中で噛むようにして飲み込むと良いですよ。

5:痩せるスピードにも要注意

DHEA、運動
出典:byBirth

筋肉をつけずに、体重だけを気にして急に痩せると、皮膚がたるんで老け顔の原因になってしまいます。せっかく苦労して痩せても、美しく見えないのは残念ですよね。

1ヶ月に落とす体重の目安は、今の体重の5%と覚えておきましょう。例えば、今55kgの人であれば、55kg×0.05=2.75kg程度を落とすのが目安となります。

時間はかかっても、健康や美容面に注意してダイエットを心がけてくださいね。

6:睡眠をとる

30代は、仕事や育児などで忙しく、なかなか睡眠時間を確保できない人も多いのではないでしょうか?

筋トレをする場合は、特に睡眠が大切になります。トレーニングで壊れた筋肉の細胞は、睡眠中に修復されるからです。ですので、少なくともトレーニングをした日は、なるべく睡眠時間を確保するように意識してみてくださいね。

7:良質な脂質も摂取する

良質な脂質も摂取する
出典:byBirth

脂質というと体に悪いイメージがありますが、良質な脂質は適度に摂取したいもの。脂質はホルモンの材料になる他、脂溶性ビタミンの吸収にも必要です。

肉やバターなどの動物性脂肪は控えめにし、オメガ3脂肪酸が豊富な青魚やナッツ類、アボカドなどを摂取すると良いですよ。お刺身や魚の缶詰でもOKです。

いかがでしたでしょうか?がむしゃらにダイエットしても、なかなか痩せないという人は、食生活や睡眠について見直してみると良いかもしれません。

健康的に痩せて、毎日を気分よく過ごしたいものですね。

情報提供元:GODMake
記事名:「30代からのダイエットは「野菜中心」ではNG?老けて見えないためのダイエット基礎知識