大人女子にありがちなアイメイクの“やり過ぎ”ポイント

大人女子にありがちなアイメイク
出典:byBirth

大人女子がアイメイクを“やり過ぎ”てしまう原因は、若い頃のアイメイクの癖が抜けずに、最新のトレンドメイクにアップデートできていない可能性が高いです。

まず最初に、大人女子が陥りがちなアイメイクの“やり過ぎ”ポイントを把握していきましょう。

マスカラをばっちり付け過ぎてしまう

かつて若い頃つけまつげを日常的に付けていたり、ドーリーなアイメイクに慣れていた場合は、目をぱっちりと見せたいあまり、今尚マスカラを重ね塗りし過ぎてしまっている可能性があります。

大人女子向けの垢抜けアイメイクは、まつげもナチュラルなカールで、綺麗にセパレートに仕上がっている状態が理想です。

黒のアイライナーで目をしっかり囲んでしまう

若い頃に黒のアイライナーで目を上下しっかりと囲む癖があったり、過剰な猫目メイクの癖が抜けないのは、“やり過ぎ”になってしまうポイントです。

大人女子が囲み目や目元を際立たせたい場合は、ブラウンのアイライナーを選ぶなど、まろやかに見えるようなアイテム選びをする必要性があります。

大人女子におすすめのアイメイクの“垢抜け”ポイント

大人女子におすすめのアイメイク
出典:byBirth

大人女子がアイメイクを垢抜けさせるには、いくつかの簡単なポイントをおさえておくだけで、簡単に“やり過ぎ”を打開できます!ここでは、大人女子におすすめしたいアイメイクのポイントをご紹介していきます。

アイシャドウは暖色系の色味をのせておく

大人女子におすすめのアイメイクのポイントのひとつは、暖色系のアイシャドウを仕込んで、瞼全体の印象を柔らかく見せておくことです。

特におすすめしたいのは、肌馴染みのよいピンクブラウン系アイシャドウをのせておくこと。アイライナーやマスカラの締め色をのせたときに、瞼全体の仕上がりをまろやかに見せることができます。

アイシャドウは“平行”を意識してのせる

アイシャドウをのせるときに、瞼のくぼみに沿ってまあるく入れてしまうと、瞳が丸く見えてかわいらしい印象になってしまいます。反対に、目尻だけアイシャドウが濃くなるように傾斜をつけてのせてしまうと、クールな印象になり過ぎてしまうので注意が必要です。

大人女子におすすめしたいのは、アイシャドウの色味を平行にのせていく方法です。目元がカジュアルな印象になり、こなれた雰囲気に仕上がります。

アイシャドウは上下目尻を濃くなるようにのせていく

アイシャドウをのせるときは、上下どちらも目尻の方が濃くなるように色味をのせることをおすすめします。上瞼にしかアイシャドウをのせないと、下瞼とバランスがとれずに目が吊り上がって見えてしまうので、下瞼にもしっかりアイシャドウをのせていきましょう。

アイライナーは睫毛の隙間を埋めるようにのせる

アイライナーをひくときは、睫毛の隙間を埋めるように描いていきましょう。睫毛の隙間を埋めるためには、アイライナーの描き心地がやわらかいタイプがよいでしょう。おすすめなのは、ジェルタイプのアイライナーで、ブラウンの色味を使うと締め色になりすぎないので良いでしょう。

ビューラーで自睫毛を上げ過ぎない

自睫毛が垂直に上がり過ぎてしまうと、目がびっくりしているときのような印象に見えたり、マスカラが悪目立ちして見えてしまうので注意しましょう。

大人女子におすすめのポイントは、毛先のカールに角度をつけすぎないビューラーのかけ方です。根元をしっかり上げたら、毛先に向かってカールをつけるときは少しずつ手の圧を弱めて、ナチュラルなカールを形成することです。

マスカラを塗るときは上瞼の目尻を上から塗る

もともと吊り上がったような目元の造りだったり、目尻のアイライナーを猫目のようにクールな印象に見せなくするためには、目尻のマスカラを塗るときに気を付けるべき垢抜けポイントがあります。

上瞼の目尻の睫毛を塗るときは、いつものように下から塗るのではなく、上側からマスカラをのせて重みで睫毛が上がりすぎないようにコントロールするようにしてください。

大人女子は“垢抜けアイメイク”でこなれた印象を手に入れよう!

こなれた印象を手に入れよう
出典:byBirth

ファッションや時代と併せて、メイクもナチュラルだったり、カジュアルだったりする雰囲気がトレンドです。メイクを覚えたての頃に勉強していたテクニックは、 どうしてもクセになってなかなか卒業できていなかったりします。特にアイメイクは、トレンドが現れやすい箇所のひとつ。

大人女子の方々は、これを機にいつものアイメイクのやり方を振り返りつつ、“垢抜け”アイメイクにアップデートしてみませんか。

情報提供元:GODMake
記事名:「やり過ぎ厳禁!大人の“垢抜けアイメイク”を教えます