マスクをはずしても美肌に見えるテクニックとは?

マスクをはずしても美肌に見えるテクニックとは
出典:byBirth

暑さも増し、ますますマスクの下でのメイク崩れが気になる季節になってきました。汗や湿気からのメイク崩れはどうしても防ぐことは出来ませんが、崩れてしまっても美肌に見えやすくする方法はあります。

簡単に言ってしまえば、メイク崩れを目立たないようにさせるには、メイクをしないことが一番です。ただ、なかなかメイクをしないで出かけることは難しい場合もあるので、コツは可能な限りメイクを薄いテクスチャーで仕上げていくこと、が大切になります。

可能な限りメイクを薄く仕上げていく時に活用していきたいのは、メイク下地。ファンデーションよりも下地の方がテクスチャーが軽く、汗などで崩れた時にも崩れが目立ちづらくなります。

そんな下地を上手に活用し、マスクの下の部分は崩れが目立ちやすいファンデーションを可能な限り控えると、崩れた時にも気になりづらくなりますよ。

美肌見えベースメイクテクニック

ではそんな下地で作る美肌見えベースメイクテクニックをご紹介していきます。

Step1 下地を組み合わせて下地で美肌を作る

まずは肝心の下地で美肌を作っていきます。この時にオススメなのが、欲しい効果のある下地を組み合わせて綺麗なお肌を作ること。

例えばくすみや毛穴が気になる方は、色調補正効果のある下地、毛穴をカバーしてくれる下地のW使いをする、赤みをカバーしながらツヤが欲しい方は、イエロー系の色調補正効果のある下地と、ツヤが出る下地のW使いをする、というように、欲しい効果をもたらしてくれる下地のW使いをすると、まるでファンデーションを塗ったかのように、美しい肌に仕上げていくことができます。

肌色補正効果のある下地で、筆者のオススメはをご紹介します。

セザンヌ UVウルトラフィットベースEX

30g 748円(税込)

薄いテクスチャーでありながら、まるでファンデーションを塗っているかのように、綺麗なお肌に仕上げてくれます。

Step2 必要な箇所にコンシーラー

次に、下地でどうしても隠せないクマやニキビをコンシーラーで隠していきます。

コンシーラーはマスクの下に使う場合は、少し硬めのテクスチャーのものを使用してあげると、ドロドロと落ちてしまうことがなく、お肌の上にセットされるので崩れが気になりづらくなります。

ローラ メルシエ シークレットカモフラージュ

5.92g 4,180円(税込)

この投稿をInstagramで見る

Laura Mercier(@lauramercier)がシェアした投稿

硬めのテクスチャーでありながら、カバー力に定評のあるローラ メルシエのコンシーラー。少量でも綺麗に隠すことが可能です。

Step3 皮脂コントロール効果のあるパウダーで

最後にファンデーションを塗らずに、パウダーで仕上げていきます。この時に、皮脂コントロール効果のあるパウダーを取り入れてあげると、よりメイクが崩れづらくなります。

キャンメイクから発売されている『マシュマロフィニッシュパウダー』のように、テカリやベタつきをおさえて毛穴や色ムラをカバーしてくれるタイプのものは、崩れた時にも目立ちづらいのでオススメです。

キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー

940円(税抜)

この投稿をInstagramで見る

CANMAKE TOKYO(キャンメイク)(@canmaketokyo)がシェアした投稿

どうしてもマスクの下でのメイク崩れは防げませんが、なるべく崩れても気にならないように仕込んでおくととても楽になりますよ。

上手にメイクテクニックを取り入れて、マスクを取っても美肌が続くお肌を目指しましょう!

情報提供元:GODMake
記事名:「プロが伝授!マスクを外しても美肌が続くベースメイクテクニック