今さら聞けない!ハイライトって何?

ハイライトって何?
出典:byBirth

ハイライトとはベースメイクを仕上げた後に、自分の肌よりも明るい色を使って顔の一部にのせることで立体感を出したり、パールが入っているものだと光を集める効果があるので、ツヤや透明感を演出したい時に使うアイテムです。

ハイライトを入れる位置は主に、Tゾーン・あご・目の下・頬骨の上(Cゾーン)と、顔の骨格で出っぱっている部分に入れることで立体感や明るさがでるので、メイクの仕上がりもワンランクUP。

ハイライトが失敗しやすい原因

立体感やツヤを出したりと、美肌に魅せるにも外せないハイライトですが、色が浮きすぎてしまったりなんだか不自然に見えてしまうなんてことも。その原因はハイライトの色選びかもしれません。ハイライトは白を選べばいいんじゃないの?と思ったそこのあなた!

たしかに以前はハイライトの色は白が多くありましたが、現在では色んな色のハイライトがあるので、自分の肌に馴染みやすい色を選ぶと失敗しにくいです。イマイチうまく使いこなせないという方は、自分が普段使っているハイライトの色を一度確認してみてくださいね。

自分に馴染みやすい色(パーソナルカラー)とは

自分に馴染みやすい色(パーソナルカラー)とは
出典:byBirth

パーソナルカラーはご存知でしょうか。自分の元々生まれ持った色と馴染む色を身につけることで、肌に透明感が出たり髪にツヤが出たりと、自分の魅力を増してみせることができる色のことをパーソナルカラーと言います。自分と馴染む色を知るには、肌のベースカラーをまず知ることが大切。

肌のベースは大きくわけて、黄みよりの肌色のイエローベース(イエベ)と、青みよりの肌色のブルーベース(ブルベ)の2つとなります。例えば、同じピンク系リップでもイエベの人は黄み寄りのコーラルピンクの色が馴染みやすく、ブルベの人は青み寄りのローズピンクの色を選ぶと馴染みやすく、お顔にもパッと明るさを出すことができます。

自分の肌色と相性のいい色を顔周りに使うことで魅力もアップしますので、自分のパーソナルカラーがわからないという方は、雑誌・WEBサイトの簡易診断やプロのパーソナルカラリストさんに診断してもらいましょう!

イエベ向きおすすめハイライト

イエベさんにおすすめなハイライトは、まさに黄み色が入ったベージュやゴールド系のハイライトです!ハイライトは明るい色が多いため、イエベの人が青み寄りの明るい色をのせると、肌から浮きやすいので注意しましょう。

THREE シマリング グロー デュオ

右がハイライト、左はチークやシェーディングとしても使えるマルチパクト。ハイライトは練りタイプでアイボリーがかった色味なので、肌に馴染みやすくナチュラルなツヤが出るのが特徴です。ベージュの繊細パールがイエベさんにスッとなじみます。

セザンヌ パールグロウハイライト 01(シャンパンベージュ)02(ロゼベージュ)

細かいパールにより光沢感を演出するイエベさんにおすすめなハイライトが登場。肌の明るさに合わせて、01のシャンパンベージュか02 ロゼシャンパンが選べるのも肌から浮かない選び方のポイントにもなります。

ブルベ向きおすすめハイライト

ブルベさんには、ホワイト、淡いピンク、パープルなど青みがかった色がおすすめです!ブルベさんが黄みが強い色をのせると、くすみやすく肌のトーンが下がってみえてしまうこともあるので注意しましょう。

シャネル プードゥル ルミエール 40 ホワイト オパール

シャネル プードゥル ルミエール 40 ホワイト オパール
出典:byBirth

繊細パールとしっとりめパウダーが特徴。一見ホワイトが強いように見えますが、手にとると淡いピンクのパールが入っていて、品のあるツヤと自然な血色をプラスしてくれるハイライター。

クレ・ド・ポー ボーテ レオスールデクラ 17

青みがかった肌にスッと溶け込み、肌の透明感を底上げしてくれるブルベさん王道のハイライター。複数色が入っていることで、より自然な仕上がりになります。

私はイエベ?ブルベ?自分のパーソナルカラーがわからないなら

自分のパーソナルカラーがわからないという方で、ハイライトが浮いてしまうという場合は、色がない透明タイプを使うのがおすすめです。先程ご紹介したようなホワイト、ピンク、ゴールドのような色以外に、最近では透明でツヤ出し重視のハイライトも出ているので、色浮きすることなく使いやすいタイプになっています。

シャネル ボーム エサンシエル トランスパラン

こちらのハイライトスティックは色の発色はない透明タイプで、濡れたようなツヤを出してくれます。色を気にせず使える万能タイプで、店頭から在庫がなくなったと言われるほどの人気アイテムの1つ。

メイクのひと仕上げに欠かせない立体感とツヤ

メイクのひと仕上げに欠かせない立体感とツヤ
出典:byBirth

パーソナルカラー別でのおすすめハイライトをご紹介しましたが、いかがでしたか?何気なく使っていたハイライトも実は色んな色があり、自分の肌と馴染む色をチョイスすることで、より自然にハイライトの効果を出すことができます。

ハイライトに苦手意識を持っている方、使っていてもなんだかしっくりきていなかった方は、ぜひパーソナルカラー別で試してみてくださいね!

情報提供元:GODMake
記事名:「【ハイライト初心者さん必見】パーソナルカラー別おすすめハイライト!失敗したくないなら色選びは重要