痩せたい人は朝のちょっとした運動で差をつける!

効率的に痩せたい人は、朝にちょっとした運動をするだけで脂肪が燃えやすくなります。朝は交感神経が優位になっている時間帯のため、夕方以降に運動するよりも痩せる効果が高いというメリットがあるんです。

その効果については後ほどご紹介しますが、朝にちょっとした運動をすることで、1日中脂肪が燃えやすい状態になります。たった10分でも良いので、ぜひ試してみてくださいね。

最小限の行動で最大限のダイエット効果を発揮するには、朝ダイエットがおすすめですよ。

朝ダイエットに期待できる効果

では、朝ダイエットにはどのような効果が期待できるのでしょうか?

代謝アップで痩せやすい体に

朝ダイエットの効果は、代謝がアップして痩せやすい体になることです。朝は交感神経が優位になっている時間帯のため、体温が高く体が活動モードになっています。そのため、血流がアップして代謝が高まり、痩せやすくなるのです。

また、朝の段階で代謝を高めておけば、その後1日中代謝の良い状態が持続します。

朝に運動をするかしないかで、1日の消費カロリーに差がつくと言えるでしょう。

脂肪が燃焼しやすくなる

脂肪が燃焼しやすくなる
出典:byBirth

運動をするとエネルギーを消費しますが、通常はまず糖質から消費され、その後に脂肪が燃焼されます。しかし、朝は空腹で体内のエネルギーが少ないため、脂肪から消費しやすいメリットがあります。

そのため、朝に運動をすると脂肪が燃焼しやすくなり、痩せやすくなるのです。

規則正しい生活で自律神経が整う

不規則な生活をしていると自律神経が乱れ、代謝が低下しやすくなります。しかし、規則正しい生活をすれば自律神経が整い、代謝がアップします。

朝ダイエットは早起きして運動をするため、規則正しい生活を送ることができるのがメリットです。痩せやすい体になるだけでなく、健康な体を保つことができるのもメリットですね。

目覚め効果で仕事の効率アップ

朝に運動をすると血流がアップし、交感神経が優位になって体は活動モードになります。そのため目覚めが良くなり、仕事の効率がアップするメリットもあります。

痩せるだけでなく仕事もうまくいけば、人生が充実して楽しいものになるでしょう。

朝ダイエットにおすすめのエクササイズ

朝は忙しいので、時間をかけずにできるエクササイズがおすすめです。10分でOKの朝ダイエットエクササイズをご紹介します。

寝起きでも辛くないストレッチ

寝起きはまだ体が目覚めていないことに加え、体内の水分量やエネルギーが不足している状態です。その状態でハードな運動をすると体に負担がかかるため、まずはストレッチで体を慣らすのがおすすめ!

ストレッチをすると血流がアップし、徐々に体を目覚めさせることができます。

寝たままできる腰ひねりストレッチ

寝たままできる腰ひねりストレッチ
出典:byBirth

腰をひねったまま呼吸をすることで、ウエストの脂肪が燃焼しやすくなります。

  1. 床の上で仰向けになり、両手を横に広げます。
  2. 片足を体の反対側へ移動し、腰をひねります。
  3. 呼吸を止めずに、10~20秒キープしましょう。
  4. 反対側も同様に行います。

肩甲骨と首のストレッチ

肩甲骨と首のストレッチ
出典:byBirth

肩甲骨のストレッチをすると、褐色脂肪細胞が刺激されて代謝がアップすると言われています。また、首のストレッチをすることで自律神経を整える効果が期待できます。

  1. 両手を頭の上に上げ、片方の肘を持ってストレッチします。
  2. そのまま10秒間キープします。
  3. 反対側も同様に行いましょう。
  4. 次に、肩の力を抜いて首を左右にゆっくりと回します。
  5. 左右10~20回ずつ行いましょう。

新鮮な空気を取り入れる呼吸法

朝の空気は新鮮で澄み渡っているため、酸素を多く取り込む呼吸法を実践してみましょう。深い呼吸をすることで血流がアップし、代謝が高まる効果が期待できます。

交感神経を働かせる「胸式呼吸」

交感神経を働かせる「胸式呼吸」
出典:byBirth

リラックスするためには副交感神経を優位にさせることが大切ですが、朝は活動モードにするために交感神経を働かせることが効果的です。

交感神経を優位にし、代謝をアップさせる効果が期待できるのが「胸式呼吸」です。また、横隔膜を使うことでインナーマッスルが鍛えられ、体を引き締める効果も期待できます。

  1. 楽な姿勢でイスや床に座ります。
  2. 息を吐きながら背中を丸めます。
  3. 両手を広げて胸を大きく開き、息を吸いこみます。
  4. これを10回程度くり返します。

お腹をふくらませる腹式呼吸とは対照的に、胸をふくらませるのが胸式呼吸です。

むくみ改善に効果的な下半身エクササイズ

下半身の筋肉に刺激を与えると、むくみ改善に効果的です。朝は自宅で簡単にできる筋トレエクササイズがおすすめ。ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれ、鍛えることで足のむくみを改善する効果があります。

また、太ももを鍛えることで足の脂肪が燃焼しやすくなり、脚やせにも効果的です。

つま先立ちエクササイズ

つま先立ちエクササイズ
出典:byBirth

つま先立ちは、ふくらはぎを鍛える効果のある手軽なエクササイズのため、朝ダイエットにおすすめです。

  1. 壁やイスの背もたれを持ち、つま先立ちをします。
  2. かかとをゆっくりと下ろしていき、床につく前にふたたび持ち上げます。
  3. これを20~30回くり返しましょう。

スクワット

スクワット
出典:byBirth

下半身を鍛えるエクササイズなら、スクワットがもっとも効果的。狭いスペースでもできるため、自宅でのエクササイズに最適です。

  1. 足を肩幅よりもやや広めに開き、両手を前に出して立ちます。
  2. 膝をつま先の方向にゆっくり曲げていき、お尻を後ろに突き出します。
  3. 膝が90℃になったら、ゆっくりと戻します。
  4. これを20~30回くり返しましょう。

朝ダイエットを挫折せずに続けるコツ

朝ダイエットを続けるには、まずは早く起きる習慣を付けることが大切です。そこで、朝ダイエットを挫折せずに続けるコツについてご紹介します。

夜更かしせずに早めに寝る

朝ダイエットを続けるには、早起きするために夜更かしせずに早めに寝ましょう。早く寝ることで早寝早起きが習慣になり、健康的な体づくりができます。

自律神経も整いやすくなり、ストレスの軽減やダイエット効果も期待できるでしょう。

まずは20分の早起きからはじめよう

いきなり1時間も2時間も早起きするのは大変ですよね。まずは、20分の早起きからはじめてみましょう。

早寝早起きが習慣化すれば、休日でもダラダラ寝ていることがなくなり、早く起きることが楽になりますよ。

ながらエクササイズを取り入れる

朝は出かける準備などで忙しい時間帯です。そのため朝ダイエットになかなか時間を割けない人も多いでしょう。そんな人は、ながらエクササイズを取り入れるのがおすすめ。

朝のニュースを見ながら・歯磨きをしながら・メイクをしながらなど、何かをしながらできるエクササイズを探してみましょう。

朝ダイエットで脂肪を燃やそう!

朝ダイエットは代謝がアップし、脂肪が燃焼しやすくなる効果が期待できます。早起きを習慣にすることで健康的な体になり、美しく痩せることができるでしょう。

はじめは辛いですが、少しずつ慣れてくれば朝ダイエットが楽しくなるはずですよ。

情報提供元:GODMake
記事名:「痩せたい人は朝が勝負!朝ダイエットの効果とおすすめエクササイズ