引き続きステイホーム期間が続いています。

自炊をする人も増えたと思いますが、いつもの自分のレシピだと、どうしてもマンネリしがちですよね。

そこで今回は気軽に作れるおうちごはんの王道、「ナポリタン」をピックアップ!

ケチャップのプロとも言えるカゴメがおすすめする、ナポリタンレシピを2点ピックアップしてご紹介します。

 
追いケチャナポリタン

カゴメ


ナポリタンはケチャップが中心の味付けですが、他にあわせる調味料や具材でさまざまなバリエーションが生まれます。

でも、日頃作るならできるだけ簡単で節約できて、しかも美味しいレシピが良いですよね。

カゴメのHPで紹介されていたのが、「追いケチャナポリタン」。仕上げにケチャップと牛乳を追加するだけで、グッと本格的な味になります!
【材料 (2人分)】
スパゲティ…200g
ウインナーソーセージ…2本
玉ねぎ…1/2個
マッシュルーム…100g
ピーマン…1個
カゴメトマトケチャッ…プ大さじ8
バター大さじ…1
牛乳大さじ…2

※エネルギー(カロリー)・塩分量は1人分の値です。
※計量の単位は、カップ1は200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5mlです。
※電子レンジは、作り方に記載がなければ500W~600Wです。
【作り方】
1:スパゲティは塩(分量外)を加えたたっぷりの湯でゆでておく。

2:ウインナーは斜め薄切りにする。玉ねぎ、マッシュルーム、ピーマンは薄切りにする。

3:フライパンにバターを熱し、ウインナー、玉ねぎ、マッシュルーム、ピーマンの順に加え強火で手早く炒め、トマトケチャップの半量を加えて炒め合わせる。

4:(1)のスパゲティを加えて手早く炒め合わせ、残りのトマトケチャップ、牛乳を加えて麺にからめるように炒める。

5:皿に盛り、お好みでパルメザンチーズをふる。

 
厚切りベーコンと春野菜のワンポットパスタナポリタン

カゴメ


パスタは茹でるのと炒めるのとで2行程あるのが面倒くさい……という人におすすめなのが、こちらのレシピ。

お鍋一つにパスタと具材、調味料を入れて火にかけるだけという簡単調理です!

洗い物も少なく済むのが嬉しいですね。
【材料 (2人分)】
スパゲティ…160g
ベーコン(ブロック)…100g
長ねぎ…1本
スナップえんどう…8さや
【A】
└濃厚リコピントマトケチャップ…大さじ4
└しょうゆ…大さじ1
└生クリーム…1/4カップ(牛乳でも代用可)
└コンソメスープの素(固形)…1個
水2カップ
【作り方】
1:ベーコンは1cm角の棒状に切る。長ねぎは斜め薄切りにし、スナップえんどうは筋を取る。

2:無水鍋に【A】を入れて混ぜ合わせ、半分に折ったスパゲッティを入れる。

3:ベーコンをのせて水を加え、煮立たせる。

4:一度混ぜ合わせ、フタをしてスパゲティのパッケージの表示時間を目安に煮込む。

5:水分が無くなってきたら、長ねぎ、スナップえんどうを加え、水分を飛ばすように炒める。

 
パスタはステイホームで人気のメニュー!

カゴメ


カゴメの調査によると、新型コロナウイルス流行前と比較して約4割の人が自炊の頻度が増えたと回答しているのですが、昼ご飯に料理をすることが増えたメニューとしてパスタが1位に上がっています。

 


カゴメ


家族に好評なメニューもパスタが1位に。

そんなパスタの中でも、ナポリタンは材料が少なく、手軽に作りやすい料理です。

皆が大好きなメニューだけに、色んなバリエーションで飽きさせないようにしたいですね。

今回のレシピを見つけた「みんなのナポリタン」WEBサイトでは、他にもさまざまなナポリタンレシピが紹介されていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 



また、カゴメでは日本一の“食べたい!” ナポリタンを決める「カゴメ ナポリタンスタジアム 2021」を開催しています。

全国各地のナポリタン自慢の店舗からメニューを募集し、「日本一の“食べたい!”ナポリタン」を決定するとのこと。(募集期間:2021年1月31日(日)まで)

「うちのナポリタンこそ日本一!」というお店の方は、自慢のレシピを投稿してみてくださいね。

 

参考:「カゴメ ナポリタンスタジアム 2021」、「みんなのナポリタン」

情報提供元:ANGIE
記事名:「ステイホームに自炊でごちそうを♡進化した王道ナポリタンレシピ