中国に拠点を置くRokid社は7月13日(米国時間)、クラウドファンディングサイトKickstarterにて最新のARグラス「Rokid Air」の発表を行いました。

キャンペーン開始から1時間程度で2万ドル(約220万円)という目標金額を達成しています。



Rokid社の最新ARグラス「Rokid Air」

Rokid Airは今年1月に開催されたCES2021で発表されたRokid Vision 2と非常によく似たデザインです。

ただ、エンタープライズ向けと説明されていたRokid Vision 2に対しRokid Airはコンシューマー向けとなっています。

通常価格は499ドル(約5万5,000円)となっており、一般消費者向けに初めて参入する場合としては適切な価格設定といえます。

通常のARグラスと同じようにRokid Airはスマートフォン(AndroidとIOS)やパソコン、ゲーム機に接続して使用するものです。

接続ケーブルから給電するためにバッテリーを搭載する必要がなく90gという軽量モデルとなっています。

ただし、Rokid Vision 2とは異なり、位置トラッキングやハンドトラッキングといった機能は搭載されていない純然なARグラスです。

4Kディスプレイと音声コントロールを搭載

Rokid Airの特徴は120インチの仮想画面を実現できる4Kディスプレイを搭載しているところにあります。

アプリの利用

ゲームプレイ

映画鑑賞

といったことを大画面で楽しむことが可能です。

また、近視のユーザーでもメガネやコンタクトレンズ無しでヘッドセットを利用できる、高度なピント調整機能も搭載されています。

もう一つの特徴が音声での操作が可能な音声コントロール機能が搭載されていることです。

ノイズキャンセリングマイクと音声認識テクノロジーにより、音声コマンドをはっきりと拾うことができます。

ハンズフリーで

ビデオの再生

インストール済みアプリケーションのオープン

音量と明るさの調節

といった操作が可能です。

しかも、他のデバイスのように「Hey,Siri」「OK,Google」などのウェイクワードなくすぐに操作することができます。



目標金額の2万ドルは即座に達成

Rokid Airの発表はKickstarterにおいてクラウドファンディングキャンペーンとして行われました。

Kickstarterのクラウドファンディングキャンペーンは、金額が非常に多い場合でも、資金調達の目標をかなり迅速に達成することはそれほど珍しいことではありません。

事実、Rokid Airもキャンペーン開始から1時間程度で目標金額を達成し、319ドル(約3万5,000円)の超早割プランも終了しています。

現在では在庫の割り当てがはるかに多い339ドル(約3万7,000円)の早割プランが購入できるようになっており、配送予定は2021年11月に行われる予定です。

まとめ

ARグラスの開発で注目を集めるRokid社の最新デバイスRokid AirがKickstarterにて発表されました。

Kickstarterにとっては今回Rakid社が目標とした2万ドルという金額はそれほど大きいものではありません。

ただ、キャンペーンがどのように展開するかはユーザーが製品にどれほどに興味、購入意欲があるかを探る物差しとなるものです。

Rokid Airが即座に目標を達成したことで、Rokid社はコンシューマー向けARグラスの開発・販売に力を入れてくることになるかもしれません。

今後のRokid社の動向に注目ですね。

参考:Kickstarter

参考:Rokid Launches 4K AR Glasses Kickstarter And Its Already Funded[VR Focus]








The post RokidがKickstarterで一般向け4K ARグラスを発表!目標金額も即達成! first appeared on VR Inside.

Copyright ©2021 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元 : VR Inside
記事名:「 RokidがKickstarterで一般向け4K ARグラスを発表!目標金額も即達成!