株式会社Gugenkaは、NTTが提供するVRプラットフォーム「DOOR」を利用して、個人クリエイターが自分の作品を展示・販売できる「バーチャルクラフ特区」を2021年4月24日(土)~4月25日(日)の二日間に実施することを発表しました。



「バーチャルクラフ特区」が4月に開催

「バーチャルクラフ特区」は、Gugenkaが主催するイラスト集や3Dモデルのバーチャル展示即売会で、2021年4月24日と25日の開催が予定されています。

このイベントは

・HTC VIVEなどのPCVR

・Oculus QuestなどのモバイルVR

・PCやスマホ

など多くのデバイスに対応した、NTTが提供するアプリ不要のWebソーシャルVR「DOOR」を利用したもので、個人クリエイターが自分の作品を展示・販売することができます。

出展者は会場内に展開されたショップの決められたエリア内を自分でコーディネートし、イラスト集や3Dモデルなど自分の制作した商品を展示、来場者へ販売することも可能です。

イメージ

誰でもショップの展開が可能

本イベントは、WebソーシャルVRプラットフォームの「DOOR」を利用しているので、最短1日で誰でも簡単にバーチャル空間を制作することができます。

用意されたデフォルト会場の画像とリンクを差し替えるだけでオリジナルのバーチャルショップを作ることが可能で、3DCGやプログラム経験がなくても最短1日でバーチャルショップを制作することができます。

自作の3DCGでデフォルト会場をコーディネートすることも可能で、そのための具体的な仕様は後日ガイドラインにて公開されます。

VRデバイスやスマホにも対応

本イベントにはアプリが不要で、PCやスマホの他

・HTC VIVEやOculus RiftなどのVRデバイス

・Oculus Questなどのスタンドアローン型VRデバイス

で参加することができます。

また「DOOR」でつくられたバーチャルショップは、入場した相手と同じ空間でコミュニケーションを楽しむことも可能で、Webサイトと同じようにリンクをクリックするだけなので、アプリのインストールの必要もありません。



VR制作講習会も開催

また2月27日(土)の21:00~22:30には、「DOOR」にて無料VR制作講習会「つくろう!かんたんVR」が開催されます。

この講習会はWebデザイナーやDTPデザイナーなど、XRクリエイター以外の人でも本イベントに参加できるよう開催されるもので、「DOOR」での制作手順の解説が実施されていきます。

3DCGアーティストなどのXRクリエイターにとっても、WebVRの可能性や利用方法を知ることができる内容となっており、展示即売会「バーチャルクラフ特区」を通して、多くのクリエイターが制作から販売までを体験できるようになっています。

イメージ

ゲストも登場!申し込みは2月25日まで

司会は、VRChat公式ショッピングモールXWorldの支配人であるエピトが担当し、以下のゲストも登場します。

・おきゅたんbot(VRガイド、公式VIVEアンバサダー。アルテマ音楽祭、NHK、幕張FAVRIC出演)

・オレンジ(VR撮影ツールなど作成するプログラマ&クリエイター)

・zen(256fesの主催や「ワニでもできる!モデリング」をYouTubeで配信)

・タナベ(VRChatを中心に活躍するクリエイター。NHKなど出演)

・リーチャ隊長(VR漫画を描くバーチャル探検家)

なお、参加には申し込みが必要で、応募者には入場方法が案内されていきます。

申し込みは特設ページで、2月25日(木)24:00まで受け付けられています。

まとめ

今年4月24日と25日に、バーチャル展示即売会「バーチャルクラフ特区」が開催されます。

このイベントは、NTTのWebソーシャルVR「DOOR」を利用して行われるもので、誰もがイラスト集や3Dモデルなど自分の作品を展示・販売することができます。

さらに2月27日にはVR制作講習会の開催も予定されており、XRクリエイター以外の人でも本イベントに参加しやすいようになっています。

当日はどんな作品が展示されるのでしょうか。

出展するクリエイターたちにも注目が集まりそうです。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]








The post イラスト集などのVR展示即売会「バーチャルクラフ特区」4月に開催! first appeared on VR Inside.

Copyright © 2021 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「イラスト集などのVR展示即売会「バーチャルクラフ特区」4月に開催!