株式会社アートローグは2021年1月13日(水)、展覧会の3DVRのバーチャルツアーを有料公開するプラットフォーム「ARTLOGUE VR」のリリースと、2つの展覧会の有料配信を発表しました。


「ARTLOGUE VR」とは?

「ARTLOGUE VR」は、文化庁の文化芸術収益力強化事業「美術館展覧会の3DVRコンテンツ有料化による収益力強化事業」の一環で、

・「まるで美術館に居るかのような展示空間を楽しめる美術鑑賞」の提供

・より付加価値のあるコンテンツの有料での提供

により、美術館の新たなビジネスモデルの創出を目指しています。

十和田市現代美術館 3DVR ドールハウス表示

開発の背景

2020年には、新型コロナウィルス感染症の感染拡大を受け、様々な制約のもと自粛生活を続ける人々を勇気づける意味も含め、多くの美術館やアートフェア、ギャラリー等がオンラインビューイングで無料公開されています。

しかし、オンラインビューイングの公開には資金的、技術的負担が大きく、無料で長期間の公開を続けることには限界がありました。

海外からはもとより、国内の集客も難しい状況が継続する中、新たな収益が見込める展覧会として、3DVR技術の活用に期待が高まっています。

そういった背景から、美術展覧会の3DVRを先んじて制作・公開してきたアートローグ社により、オンラインビューイングを有料化し収益を伴う新たな展覧会3DVRのプラットフォーム「ARTLOGUE VR」がリリースされています。

今後の展望

「ARTLOGUE VR」は、時間が経っても細部を詳細に振り返ることが出来るため、新たな美術館の展示アーカイブとして学術研究への貢献が期待されます。

また、多言語対応の3DVR配信により、日本で展開する様々な美術の取り組みや作品を多言語化し、世界に発信することで日本のアート界の発展と活性化への寄与も望まれています。



3DVR展覧会 実施概要

公開期間:2021年1月21日(木)~2月21日(日)(1ヶ月間)

展覧会:・十和田市現代美術館「美術館内の常設作品」

・モリムラ@ミュージアム「北加賀屋の美術館によってマスクをつけられたモナリザ、さえも 」

視聴料金:各200円(48時間視聴可能)

3DVR URL:2021年1月19日以降発表予定

主催:文化庁、株式会社アートローグ

協力:十和田市現代美術館、モリムラ@ミュージアム

制作:株式会社アートローグ

文‌化‌庁‌委‌託‌事‌業‌「文‌化‌芸‌術‌収‌益‌力‌強‌化‌事‌業」

十和田市現代美術館 アナ・ラウラ・アラエズ《光の橋》

モリムラ@ミュージアム 入り口

3DVR展覧会の特徴

・3D空間内で学芸員の解説ビデオなどを視聴できる

・まるで美術館にいるような鑑賞体験が可能

・コロナ禍のステイホーム中でも楽しめる美術館

・研究者や学芸員にとって貴重な美術館の展示アーカイブ

・マルチリンガルやリッチコンテンツ化により美術館の新しい収益コンテンツとなる

まとめ

アートローグ社がリリースを発表した展覧会の3DVRバーチャルツアーを有料公開するプラットフォーム「ARTLOGUE VR」は、文化庁の文化芸術収益力強化事業「美術館展覧会の3DVRコンテンツ 有料化による収益力強化事業」の一環です。

十和田市現代美術館の美術館内の常設作品と、モリムラ@ミュージアムの「北加賀屋の美術館によってマスクをつけられたモナリザ、さえも」の2展が2021年1月21日から1ヶ月間、3DVRにて有料配信されます。

美術館は密を避けるため入場者の制限をしたり、予約制になったりと、いつでも誰でも気軽に足を運べる場所ではなくなりつつあります。

しかし、バーチャルツアーであれば、かつてのように、好きな時、好きな美術館へアクセスし、自分のペースで鑑賞できるとなると、様々な展覧会への展開を期待せずにはいられませんね。

ソース:プレスリリース[PR Times]








The post オンライン3DVR美術鑑賞の新プラットフォーム「ARTLOGUE VR」リリース開始! first appeared on VR Inside.

Copyright © 2021 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「オンライン3DVR美術鑑賞の新プラットフォーム「ARTLOGUE VR」リリース開始!