株式会社NTTドコモと日本特殊光学樹脂株式会社(NTKJ)は2020年11月9日(月)、ドコモが開発した超広視野角VRゴーグルに関するライセンス契約を締結したことを発表しました。

これによって、スマホ用超広視野角VRゴーグルレンズの法人(VRゴーグル開発事業者)向け販売が、11月16日(月)より開始されます。


ドコモ開発のVRゴーグルレンズが販売へ

今回NTKJとの間で締結されたライセンス契約は、ドコモが開発したスマホ用超広視野角VRゴーグルレンズの使用に関するもので、これによってVRゴーグル開発事業者は、スマホを取り付けるだけで没入感の高いVR映像を体験できるVRゴーグルの製造が可能になります。

従来のスマホを取り付けて利用するタイプの低価格帯VRゴーグルは、視野角が狭いために穴から映像を覗いているような感覚でした。

ドコモが開発したVRゴーグルレンズでは、

「視野の中心領域ではくっきりと、周辺部分はぼんやりと映像を見る」

という人間の視野特性が活用されており、低倍率の非球面レンズとその周りに高倍率のフレネルレンズを組み合わせた特殊な構造になっています。

このレンズによって、本当にその場にいるかのような没入感の高いVR映像体験が実現されています。

東京で開催のイベントでデモ展示

このレンズを搭載した超広視野角VRゴーグルのデモ展示が、11月11日(水)から東京都立産業貿易センター浜松町館で開催されている「光とレーザーの科学技術フェア2020 第7回紫外線フェア」の、”日本特殊光学樹脂ブース”で行われています。

イメージ

www.nttdocomo.co.jpより

「光とレーザーの科学技術フェア2020 第7回紫外線フェア」公式サイト



超広視野角VRゴーグルレンズとは

今回ドコモが開発した「超広視野角VRゴーグルレンズ」は、低倍率の非球面レンズとその周りに高倍率のフレネルレンズを配置した特殊な構造となっており、人間の視野特性に合った構造のために見え方の違和感を低減しています。

イメージ

www.nttdocomo.co.jpより

またレンズの主要部品はプラスチック素材でできており、VR映像体験の提供に際しては専用のVRアプリケーションも不要なため、本レンズを使用したVRゴーグルは導入コストを抑えることも可能です。

イメージ

www.nttdocomo.co.jpより

まとめ

今回ドコモとNTKJが超広視野角VRゴーグルに関するライセンス契約を締結しました。

これによって、ドコモが開発した超広視野角VRゴーグルレンズを搭載したVRゴーグルの製造が可能になります。

このレンズはNTKJから、11月16日(月)より法人(VRゴーグル開発事業者)向けに販売開始されます。

ドコモが開発したレンズは人間の視野特性に合った構造をしているため、見え方に違和感のない自然なVR体験が可能ということですが、いわゆる”VR酔い”の心配もせずに体験ができそうですね。

さらに低価格のコストで導入ができるので、安価で高品質なVRゴーグルの登場が期待できそうです。

参考:NTTドコモ公式サイト








The post ドコモがVRゴーグルのライセンス契約を締結!スマホ用VRゴーグルの製造が可能に first appeared on VR Inside.

Copyright © 2020 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「ドコモがVRゴーグルのライセンス契約を締結!スマホ用VRゴーグルの製造が可能に