株式会社メタバーズは2020年9月7日(月)、VR空間を活用してイベントや展示会などの運営が可能なサービス「CYZY SPACE」のプレビュー版を、同日より提供開始したことを発表しました。

同サービスは2020年12月31日(木)までの期間限定で、無料で提供されています。


「CYZY SPACE」とは

今回プレビュー版が提供開始された「CYZY SPACE(サイジー・スペース)」は、インターネット関連サービスを手掛けるメタバーズ社が開発しているVR空間活用サービスで、VR空間でのイベントや展示会、発表会の実施や店舗などの運営ができます。

VRヘッドセットだけでなくPCやタブレット端末、スマホブラウザから誰でもアクセスすることが可能で、最大25人が同時接続(参加)できるVR空間を2ルームまで自由にアレンジして活用することが可能です。

イメージ

今回登場したプレビュー版では、

ユーザーが自由にアレンジできるVR空間

かんたん管理者画面

ユーザーのニーズと用途に合わせたオリジナルVR空間の開発

が提供されており、12月には正式版のリリースが、2021年の1月以降にはサービス拡充が予定されています。

正式版ではアバター・チャットボット機能、ライブ動画配信機能、訪問者案内システム、初期構築物・初期アバターの拡充、その他の付加機能の搭載が予定されており、さらに「スペース」をより多く作成して同接続人数を増やすことができるプランの提供などが計画されています。

サービス拡充では、大規模イベントへの対応や「かんたん管理者画面」の機能強化、海外向けサービスの提供開始が予定されています。

また同社によると、現在のコロナ禍では需要が増すことを想定しており、2020年内は無料でサンプル提供を実施するということです。

公式サイト

ネット上に3D空間を簡単に作成!参加者同士のコミュニケーションも可能

このサービスでは、自社に合わせた展示会やプレゼンテーション会場、催事会場、ショールームといった「スペース」をオンライン上に構築することが可能で、これまでとは異なる顧客交流や取引先開拓ができるようになります。

この「CYZY SPACE」は、単にVRヘッドセットのほか、PCやタブレット端末、スマホなどのブラウザを使用して誰でもアクセスできるだけでなく、最大25人が同時接続(参加)できるため、登録とスペース構築だけの簡単な手続きだけで、企業・団体・店舗運営事業者などがイベント、展示会、発表会の会場や店舗をVR空間上に構築、運営することができます。

また音声やビデオ、画面共有などを使えば、同時接続(参加)者同士のコミュニケーションが可能です。

このため、VR空間でのイベントや展示会、店舗を訪れたユーザーとの

音声による会話

ビデオ通話による会話

画面共有による会話

チャット(文字による会話)

アバターを使ったコミュニケーション

動画配信

ブラウザ画面共有

などの多彩なコミュニケーションが可能です。

イメージ

cyzyspace.io/より

このシステムは2020年12月31日(木)24時までの期間限定で無料で提供されており、期間中は最大約25人が同時接続(参加)できるVR空間を、2ルームまで自由にアレンジして活用することが可能です。

2021年1月以降は、月額10,000円(税別)~で提供され、カスタマイズや3Dコンテンツ作成、ライブ動画配信、チャットボットやアバターの配置、案内システムやアンケート、問い合わせ受け付けシステムなどのオプションが提供されていくということです。

イメージ

cyzyspace.io/より




カスタマイズプランも受付中

また有償で、カスタマイズプランも受け付け中となっています。

このプランは、依頼企業専用のサーバを準備し、利用ユーザーのニーズや用途に応じて見た目や設置ルーム数および最大同時接続(参加)人数等をカスタマイズするもので、オリジナルコンテンツ制作も可能になっています。

詳細や問い合わせ・利用申し込みは公式サイトまで。

<価格>

初期費用:1,000,000円(税別)、月額:100,000円(税別)~

<オリジナル3D建築・空間造形>

利用ユーザーのニーズや用途にマッチしたオリジナルの3D建築物を構築して配置します。また建築物周辺の植栽や空間全般の造形も可能です。

<オリジナル3D家具・アイテムの作成」>

利用ユーザーのニーズや用途にマッチしたオリジナルの3D家具やアイテムを作成して配置します。

<システム連携の開発」>

利用ユーザーの内外システムと連動して、情報提供可能なシステム連携を開発します。

イメージ

cyzyspace.io/より

まとめ

VR空間活用サービス「CYZY SPACE(サイジー・スペース)」のプレビュー版が、今回提供開始されました。

このサービスはVR空間上に展示会場やイベント会場、店舗などを構築し、最大25人が同時接続できる空間を運営できるもので、参加者同士のコミュニケーションまで可能です。

1か所に人が集まることが避けられる今の時期、イベントなどを運営する企業・団体からの需要は、今後ますます増えそうですね。

正式リリースは2020年1月に予定されており、それ以降は有償となり、アバターなどの機能が追加されていく予定になっています。

2020年内は無料で提供されているということなので、この機会にバーチャル店舗・イベントを運営してみてはいかがでしょうか。

ソース:プレスリリース[ValuePress]








The post VR空間にオリジナルスペースを作成可能!「CYZY SPACE」プレビュー版提供開始 first appeared on VR Inside.

Copyright © 2020 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「VR空間にオリジナルスペースを作成可能!「CYZY SPACE」プレビュー版提供開始