2020年5月26日に台湾で開催された特別イベントにおいて、HTCの元CEO、Peter Chou氏が新たに設立したXRSPACE社の最初の製品となるVRヘッドセット「Mova」が発表されました。

また、Facebook Horizonをより現実に近づけたようなソーシャルVR「Manova」もヘッドセットと同時に発表されています。


ハンドトラッキング機能搭載のスタンドアロンVRヘッドセット「Mova」

XRSPACEが発表した「Mova」は、5G対応のスタンドアロンVRヘッドセットです。

Movaには基本的な入力を行うリモコンがあるほかは、光学式ハンドトラッキングセンサーが搭載されているためモーションコントローラーを使うことなくVR体験ができます。

ハンドトラッキングに使われる光学式センサーはルームトラッキングにも利用されるため、Movaの使用感はOculusQuestやPico Neo 2に近いと推測されているようです。

しかし、重量は470gとなっており585gのOculusQuestよりも100g以上の軽量モデルとなっており、長時間利用した場合にMovaの方が疲れにくいと考えられます。

また、細かい解像度は明らかではありませんが702dpiで、リフレッシュレートは90Hzとされており、OculusQuestよりも高品質のVR体験ができるとChou氏は胸を張ります。

Movaは現時点では開発者向けに発売されるのみで、一般向けには2020年の第3四半期頃の発売になる模様です。

Movaのスペック

発表で明らかにされたMovaのスペックは以下の通りです。

CPU:Snapdragon 845

RAM:6GB

接続性:5G、LTE、WiFi

重量:470g

バッテリー:4600 mAh

DPI(解像度):702dpi

リフレッシュレート:90Hz



よりリアルで、新しいソーシャルVR「Manova」

よりリアルで、新しいソーシャルVR「Manova」

XRSPACEはMovaとともにソーシャルVRプラットフォーム「Manova」も発表しました。

ユーザーはMovaでバーチャル世界に参加し、自由に作成したアバターを通して他のユーザーと交流することができます。

Facebook Horizonのような上半身だけのサンドボックス風アバターではなく、全身アバターとなっているのが特徴です。

XRSPACEデザイン部門の責任者Chris Lin氏が「あなたのように見えるアバター」になると語っていることから、セルフィーからアバターを作る機能があるのではないかと推測されます。

また、Lin氏によるとアバターには

高品質の肌の質感

顔の表情システム

AIに基づくコンテキスト認識システム

が含まれているため、アバターは周囲の他のユーザーに対してより現実的に反応できるようになっているとのことです。

Manovaではパーソナルシネマやバーチャル会議室など、他のソーシャルVRサービスでおなじみのもののほか、複数のユーザーと参加できるヨガやダンス教室、ミニゲームを楽しむこともできます。

まとめ

新興VR企業XRSPACEが新しいVRヘッドセット「Mova」とソーシャルVR「Manova」を発表しました。

ハンドトラッキングでコントローラーが不要というMovaがどのようなVR体験を提供してくれるのか楽しみですね。

しかし、一般向けの販売も最初のうちは欧米と台湾、中国になるとされているので、日本国内で手に入るようになるのはまだまだ先の話になります。

また、ManovaもHorizonとは違ったアプローチでソーシャルVRを展開していくものとなっており、パンデミックで社会的距離の必要性が高まる中どのようなバーチャルなコミュニケーションを提供してくれるのか興味深いところです。

参考:Former HTC CEO Unveils 5G-enabled VR Headset & Social VR Platform[Road to VR]








Copyright © 2020 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「コントローラー不要!HTC前CEOが率いるXRSPACEが最新VRヘッドセット「Mova」を発表