NHK受信料が半額になる家族割引を0円にする方法

NHK受信料には、別荘のように普段は住まないけれどテレビがある建物は半額になる「家族割引」という制度があります。しかし、半額とはいえ別荘に1年間ずっとNHK受信料を払い続けるのはもったいない話。そこで、モバイルプロジェクターを活用すればNHK受信料が半額の家族割引すら0円で済ますことができるのです。
NHK受信料の家族割引で別荘は半額
NHK受信料にある家族割引は、生計を同一にしながら離れて暮らす家族については、毎月の受信料が半額になる制度です。この制度は、おもに単身赴任先で働く人や親元を離れて学校へ通う学生を想定したもので、実家だけでなく離れて暮らす住居でもNHK受信契約を結んだうえでNHKへ割引申請を出すことで受けられます。
NHK受信料の家族割引は、別荘・別宅や2軒続きでマンションを利用するといったケースも適用対象です。この場合、本宅と別荘・別宅などの両方でNHK受信契約を結び半額割引の申請を出します。本宅側の受信料は衛星契約では1か月2170円ですが、別荘・別宅分については1か月1085円です。
とはいえ、毎月住み続ける単身赴任や学生の下宿と違い、多くの期間が空き家となる別荘・別宅のために1年中NHK受信料を支払うのはもったいない話。しかし、放送法ではテレビが受信できる設備がある場所ではNHK受信契約を結ぶ必要があると規定されています。
NHK受信料の家族割引が必要なくなる
自宅と同じように、別荘や別宅の場合もテレビを一切見ないと割り切りテレビやアンテナを撤去すれば、NHK受信契約を結ぶ必要がなくなりますが、テレビが見られないのは不便と考える人の方が多数派でしょう。この問題は、モバイルプロジェクターを使うことで解決できるのです。
例えば、アンカーが発売する「Nebula Capsule II(直販価格:6万9900円)」であれば、本体重量は740gと1kgを切り、サイズも高さ150mm/直径80mmとコンパクト。自動車ではなく電車移動でも持ち運びが簡単です。画面解像度は1280×720ドットとフルHDではありませんが、代わりに80インチ以上の大画面に投影して楽しめます。
Nebula Capsule IIはテレビチューナーを搭載しない一方、Android OSを内蔵しChromeCastにも対応。Netflixなどのアプリをダウンロードすれば、さまざまな動画を楽しめるということ。アプリ次第で視聴できる動画は無限大です。
さらに、スマホに「torne mobile」などテレビのリモート視聴用アプリをインストールして自宅のテレビと紐付け。リモート視聴用アプリ画面をChromeCastでNebula Capsule IIに送れば、スマホよりはるかに大きな画面でテレビ番組を楽しむことができるのです。NHK受信料が半額の家族割引は、もはや必要なくなるのです。
【関連リンク】
  • チョコボール銀のエンゼルの確率と見分け方とは
  • セブンイレブン700円くじ引き抽選確率を上げる方法
  • NHKのBSメッセージを地上契約のみでもバレることなく消去
  • チョコボールおもちゃの缶詰の当たりの見分け方
  • 透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
  • Yahoo!で調べてみよう

      Loading...