yahoo

4KテレビがB-CASカードで視聴できないのはなぜ?

2022.11.13 12:10
rss ラジオライフ
テクノロジー
コメントする
4Kテレビ放送が本格スタートしたのは2018年12月ですが、その直前には4K対応ながらB-CASスロットのみを搭載し、ACASチップは後付けというモデルが販売されていました。こうしたモデルは、当然ながら4K放送の受信機能を搭載していますが、ACASチップを付けない状態では4K放送が受信できません。なぜ4KテレビはB-CASカードで視聴できないのでしょう。

4KテレビはB-CASカードでは復元不能

4KテレビがB-CASカードで視聴できない理由は、4K放送にはACASという新しい方式が採用されているためです。ACASは、解析されてしまったB-CASの暗号化を強化する目的で開発された方式で、4Kテレビでは本放送開始と同時にACASによる視聴制限やコピー制限が採用されています。
ACASで使われるACASチップやB-CASカードは、それ自体で暗号化されたテレビ番組の情報を復元するわけではなく、復元自体はテレビの本体基板側で行われます。しかし、ACASチップやB-CASカードには暗号鍵が保存され、その情報が復元のために欠かせないという仕組みなのです。
ACASとB-CASでは暗号方式が異なり、B-CASでは1980年代に開発された64ビットの暗号鍵を用いるMULTI2が採用されていました。しかし、ACASではより新しいAES・Cameliaの2種類の暗号化が用いられており、暗号鍵をそれぞれ128ビットと2倍にすることで、暗号化の解析を困難にしています。

4KテレビのB-CASカードに暗号鍵問題

暗号化の方式自体が異なるうえ、暗号鍵の長さが違うことから、B-CASカードにACAS用の暗号鍵を保存することはできません。逆に、ACASチップにはACAS・B-CAS両方の暗号鍵を保存する機能があるため、ACASチップのみでB-CASが使われているBS放送や110度CS放送も視聴可能になるのです。
じつは、4KテレビにACASが導入された直後には4Kテレビの暗号化復元に必要なソフトウエアの開発は間に合ったものの、それに合わせた基板設計が追い付かないという製造メーカーが多数でした。そのため、暫定措置としてACASチップを外付けにしてUSB接続するというモデルも発売されました。
しかし、ACASチップをUSBで外付けできるタイプのモデルは2020年4月以降は販売できなくなっています。現在発売されている4K放送対応のテレビやレコーダーについては、必ずACASチップをメイン基板に直接取り付ける仕組みです。
【関連リンク】
  • チョコボール銀のエンゼルの確率と見分け方とは
  • セブンイレブン700円くじ引き抽選確率を上げる方法
  • NHKのBSメッセージを地上契約のみでもバレることなく消去
  • チョコボールおもちゃの缶詰の当たりの見分け方
  • 透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
  • \ この記事をシェア /
    Facebook    Twitter
    おすすめ関連記事
    アクセスランキング
    • 日間
    • 週間
    • 月間