yahoo

トヨタのハイブリッド車メンテナンスモードとは

2022.11.12 18:10
rss ラジオライフ
テクノロジー
コメントする
ハイブリッド車には隠しコマンドで作動する「整備モード」「メンテナンスモード」が搭載されています。というのも、ハイブリッド車は実際にクルマが動き出すまではエンジンが始動せず、整備や車検の際にエンジンチェックができないため。ハイブリット車のクルマが停車中でも強制的にエンジンを動かす隠しコマンドを見ていきます。

トヨタのメンテナンスモードの手順

ハイブリット車はクルマが停車中でも強制的にエンジンを動かす機能を備えています。それがいわゆる、「整備モード」「メンテナンスモード」と呼ばれるものです。
このモードを起動させるには特定の操作が必要であり、メーカーごとに異っています。さっそく、トヨタのハイブリッド車のメンテナンスモード隠しコマンドを見ていきましょう。トヨタの新型アクアでメンテナンスモードをテストしました。
トヨタのメンテナンスモード隠しコマンドの手順は、車両のスイッチがOFFの状態からエンジンスタートボタンを2回押します(イグニッションON)。ブレーキは踏まないでください(踏んでいるとEVが起動する)。

トヨタのメンテナンスモードの表示

シフトレバーがPに入っていることを確認したら、アクセルを2回踏みます。続いて、ブレーキを踏みながら、シフトレバーをNに変更。ブレーキから足を離したら、アクセルを2回踏み込みます。
さらに、ブレーキを踏んでシフトレバーをPに戻し、アクセルを2回踏みます。ブレーキを踏んだまま、パワースイッチを押すとEVではなく、エンジンが始動。メーターに「Cdy-2E」と表示が出るのです。
パネルにプリクラッシュセーフティOFFが表示されていれば、正しくトヨタのメンテナンスモードに入っている証拠。エンジンが常時運転の状態になり、ABSやVSCといった機能がOFFになります。
【関連リンク】
  • 高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
  • プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
  • 登録しておけば最大50%オフになるETC割引は?
  • タイヤ製造年は側面の数字を見れば一目瞭然だった
  • 高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
  • \ この記事をシェア /
    Facebook    Twitter
    おすすめ関連記事
    アクセスランキング
    • 日間
    • 週間
    • 月間