yahoo

片道料金で高速乗り放題!バイクETC定額プラン

2022.11.05 06:10
rss ラジオライフ
テクノロジー
コメントする
音声で聞く
通行料金の割引きサービスが悪化してしまったETC。その中にあって、唯一の光明がNEXCOの3社が提供する乗り放題方式の「ドラ割(東日本)」「速旅(中日本)」「みち旅(西日本)」です。そんなETC定額プランは乗用車専用だったのですが、2022年4月にバイク専用の「2022ツーリングプラン」が誕生しました。

ETC定額プランにバイク専用が誕生した

NEXCOの3社が提供するETC乗り放題の「ドラ割(東日本)」「速旅(中日本)」「みち旅(西日本)」は事前にネットで定額プランを申し込み、プランの日数内&指定地域内の高速道路が乗り降り自由という周遊型の定額システムです。
定額料金は、地域内を往復するだけで元が取れるため、レジャーに限らず、単なる移動にも使えるのです。特に「深夜割引」が使えない時間帯や、「休日割引」が適用されない平日の利用はお得感が増します。
「ドラ割り」などのETC定額プランは乗用車専用だったのですが、2022年4月にバイク専用の「2022ツーリングプラン」が誕生しました。

ETC定額プランで2,070円も安くなった

これは乗用車以上に割引率が高く、定額料金の設定は指定地域内の最遠距離までの片道料金とほぼ同じ。これで指定地域内の高速道路が、2日or3日間乗り放題になるので、平日はかなりお得です。
北海道から九州まで全国で20種類のプランを設定。各NEXCOのWebサイトから申し込みます。実施期間は2022年11月30日までですが、北海道は気候の関係で1か月早い終了です。
実走した「東北道・常磐道コースミニ」は2日間で2,500円。利用した高速料金は4,570円だったので、2,070円も安くなりました。日帰りの使用も可能です。
【関連リンク】
  • 高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
  • プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
  • 登録しておけば最大50%オフになるETC割引は?
  • タイヤ製造年は側面の数字を見れば一目瞭然だった
  • 高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
  • \ この記事をシェア /
    Facebook    Twitter
    おすすめ関連記事
    アクセスランキング
    • 日間
    • 週間
    • 月間