新幹線に半額以下で乗れるキャンペーン締切間近

今年は日本で鉄道が開業して150周年にあたるということで、全国各地で鉄道関連のイベントが盛んに行われています。そうしたなか、JR東日本は東北・上越新幹線開業40周年のキャンペーンも合わせて実施中。JRE POINTを使うと区間によっては、新幹線に半額以下で乗れてしまうおトクなサービスもあるのです。
JRE POINT特典チケットの交換レート
JR東日本は「新幹線イヤー2022」と題したキャンペーンを2022年1月からスタート。その目玉企画のひとつが、同社の共通ポイントであるJRE POINTを新幹線特典チケットへ交換するレートが期間限定で大幅にアップする「JRE POINT特典チケット 新幹線YEARスペシャル」です。
キャンペーン期間は2022年中に3回設定され、その最後となる第3弾が9月26日~10月6日となっています。JRE POINT特典チケットは、JR東日本が運行する新幹線の普通車指定席に乗車できるチケットで、同社のWeb予約サイト「えきねっと」で新幹線を予約する際にJRE POINTから交換して利用する仕組みです。
キャンペーン期間中は、JRE POINTからJRE POINT特典チケットへの交換レートが2倍以上アップ。距離別のポイント交換レートは100キロ以下は1000ポイント、101~200キロが2300ポイント、201~400キロが3900ポイント、401キロ以上が6000ポイントとなります。
JRE POINT特典チケットが実質3分の1
JRE POINTは「JRE POINT加盟店で利用する」あるいは「Suicaへチャージする」といった利用が一般的ですが、これらの場合1ポイント=1円換算です。一方、JRE POINT特典チケットへの交換はもともと1ポイント=1円以上の交換レートが設定されていて、キャンペーン期間中はさらに交換レートがアップします。
例えば、東北新幹線の東京駅~新青森駅に乗車する場合、はやぶさ利用時の料金は特急券・運賃をあわせて1万7470円です(普通車指定席・閑散期)。ところが、キャンペーン期間中にJRE POINT特典チケットを利用すると同じ区間に6000ポイントで乗車できるため、現金払いの実質3分の1近くになるのです。
ただし、JRE POINT特典チケットはJR東日本路線のみ利用可能で、JR西日本やJR北海道の路線を含む区間は対象外。このため、JR北海道の路線である北海道新幹線の新青森駅~新函館北斗駅、北陸新幹線のうち上越妙高駅~金沢駅間を含む列車ではJRE POINT特典チケットは利用できません。
【関連リンク】
  • 分割切符はJRの運賃を安くする賢い買い方だった
  • 新幹線自由席で座れる確率を上げる偶数号車狙い
  • JRのお得な切符ならJR西日本一日乗り放題きっぷ
  • 青春18きっぷで新幹線をあえて使うワープ技とは
  • 誕生日特典でお得な切符「バースデイきっぷ」
  • Yahoo!で調べてみよう

      Loading...