1200MHz帯アマチュアバンドの将来が見通せない

1200MHz帯のアマチュア無線は、運用や電波特性に問題を抱えているバンド。1200MHz帯は無線機の周波数変動も無視できません。最近の1200MHz帯のリグは、「周波数安定度:±0.5ppm以内」というスペックが多いのですが、これは「1296MHzで±648Hz以内の変動あり」ということを意味します。
1200MHz帯はアマチュア無線が二次業務
1200MHz帯の周波数変動はFMモードではまだしも、SSBやCW、FT8といったモードではちょっと厳しく、FT8モードではフラフラと安定しない信号に呼ばれ、交信が成立しないこともあります。
ちなみに、1200MHz帯FMハンディ機の周波数安定度は、「±2ppm以内」や「±4ppm以内」といったものが多く、単純計算で±3~5kHz程度の変動が見込まれます。
FM機なのに1200MHz帯のアマチュア無線機に、RITやVXO、AFCなどの機能が付いていたのは、交信相手局との“Fズレ”を軽減するための工夫でした。
1200MHz帯は、アマチュア無線が「二次業務」になっています。そのため、テレビ局のFPU中継システムや準天頂衛星システム「みちびき」の運用といった、一次業務の無線局に混信や妨害を与えてはいけないというのが大前提。逆に、混信や妨害があっても甘んじて受け入れなければならないという大きな制約があるのです。
1200MHz帯の召し上げにつながる議案
1200MHz帯のアマチュア無線は常置場所では最大10W、移動運用では1W以下という送信出力の制限、レピータ局の出力制限(1W)と制限ばかり。しかも、レピータ局の新規開設が事実上困難で既存局も減少傾向です。
そして、テレビ局が1200MHz帯FPUを中継用に使う場合は、該当地域のレピータ局が停波する…など、1200MHz帯には「不便」「面倒」と思うことがいろいろあります。
今後、1200MHz帯の“召し上げ”につながるかもしれない議案が、2022年末から始まる国際会議「WRC-23」で提案される見込みなど、このバンドの将来が見通せない状態です。(文/大伴俊夫)
【関連リンク】
  • 受信機として活用できる最新アマチュア無線機
  • アイコムIC-2730は高感度ながら自主規制が弱点
  • 八重洲無線のFTM-400Dの受信帯域はフルカバー
  • モービル機で受信機能に特化したベストバイを選ぶ
  • 海外仕様アマチュア無線機は日本製でも使用不可
  • Yahoo!で調べてみよう

      Loading...