yahoo

ドンキにREGZA…ストリーミングデバイス新勢力

2022.09.24 12:10
rss ラジオライフ
テクノロジー
コメントする
テレビでYouTubeを見る方法で現在のトレンドは、ネット接続可能なスマートテレビか、「Fire TV」などのストリーミングデバイスを用いるか。スマートテレビが一般化しているなか、一方のストリーミングデバイスも、Fire TVやChromecastとは異なる、新勢力が続々と登場しています。新勢力ストリーミングデバイスを見ていきましょう。

ストリーミングデバイスにREGZA登場

国内外のさまざまなメーカーがストリーミングデバイス部門に参入しています。いずれもAndroid TV OSで、プラットフォームはGoogle TVを採用しています。
このため、どのストリーミングデバイスも基本的な使い勝手はChromecast with Google TVと同じ。代表的な3モデルをざっと紹介していきましょう。
「REGZA TV スティック」は、IRIEなどのテレビブランドを展開しているFFF SMARTLIFE CONNECTEDから発売された、REGZAブランドのストリーミングデバイスです。
解像度は4K/60fpsで、HDR規格はHDR10とHLGに対応しますが、高価な上に突出した機能は正直ありません。レグザらしさはどこに…という感じではありますが、発売後すぐに品切れとなっており、レグザブランドの人気の高さがうかがえます。実勢価格は11,500円です。

ストリーミングデバイスをドンキ発売

ドン・キホーテのPBからはリーズナブルな4Kモデルのストリーミングデバイス「4Kスマートドングル」が登場。安さばかりに目が行きがちですが、最大の特徴はAndroid 11.0ベースのAndroid TV 11.0を搭載していること。
それ以前のOSでは非対応だったNTFSなどのファイルフォーマットに対応しました。本機に外付けHDDを接続して、保存していたさまざまな動画ファイルをテレビで見られます。実勢価格は6,980円です。
XiaomiのOSといえばMIUIですが、ストリーミングデバイス「Mi TV Stick 4K」はAndroid TV 11.0を搭載。ただし、ドンキ製品のように外付けHDDの接続は考慮していないのか、HDD接続用の分岐USBケーブルは付属していません。
オーディオはDTS-HDとDolby Atmosに対応していますが、HDRは非対応のようです。実勢価格は7,056円です。
【関連リンク】
  • テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?
  • Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
  • Android TV BOXがおすすめ…その表と裏の顔とは?
  • ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
  • KODIをAmazon Fire TVにインストールする方法
  • \ この記事をシェア /
    Facebook    Twitter
    おすすめ関連記事
    アクセスランキング
    • 日間
    • 週間
    • 月間