NHKが防災「呼びかけ」音声データをオープン化

NHKは経営計画で「地域の情報発信強化や日本の放送・メディア業界への貢献」を掲げていて、NHKが持つコンテンツやデータのオープン化や、NHKが開発した技術や知見の共有に取り組むことを宣言しています。そして、9月から「防災の呼びかけ」音声が誰でも活用できるように、音声データのオープン化を始めました。
NHKの大雨に対応する防災の呼びかけ
「災害が予想されるとき、災害が起きたとき、命を守るためにどう呼びかけたらよいか?」。災害報道に備えてNHKアナウンサーが改善を重ねてきた呼びかけの文言、および音声が公開されました。
今回、NHKが公開したのは大雨や氾濫のおそれがあるときの「防災の呼びかけ」。「雨が強まる前に」「雨が降り続いていて、降り方が強まったら」「非常事態を伝える」の3段階に分けて、呼びかけのポイントなどを紹介しています。
オープン化として誰でもダウンロード可能なデータは、呼びかけの文言データとAIによる呼びかけ音声データです。自治体や学校、企業、ローカルメディアなどで防災に関わる人たちが、実際の呼びかけで活用することを想定しています。
NHKアナが防災の呼びかけを実演する
ダウンロードデータとともに公開されているのが、NHKアナウンサーによる呼びかけのポイント指導。例えば、非常事態を伝えるときのポイントは「切迫感をもって」伝えること。呼びかけのアナウンスを実演しながらポイントなどを紹介しています。
雨が強まる前の呼びかけなら「トーンを上げすぎず冷静に伝えること」、雨が降り続いていて、降り方が強まった時の呼びかけなら「はっきりした強めの口調で」がポイントです。
このように長年、防災・減災報道に取り組んできたNHKアナウンサーたちの伝える技術をAIに学習させて作成したのがAIによる呼びかけ音声データ。「自治体・気象庁からの情報」で公開されています。NHKは今後、そのほかの災害についての「防災の呼びかけ」も公開を検討していく予定です。
【関連リンク】
  • チョコボール銀のエンゼルの確率と見分け方とは
  • セブンイレブン700円くじ引き抽選確率を上げる方法
  • NHKのBSメッセージを受信料払わずに消去する裏ワザ
  • チョコボールおもちゃの缶詰の当たりの見分け方
  • 透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
  • Yahoo!で調べてみよう

      Loading...