yahoo

猛暑や大雨の警戒ならNHKの防災アプリが超充実

2022.08.03 06:00
rss ラジオライフ
テクノロジー
コメントする
音声で聞く
ここ数年、被害が大きくなっているのが夏場の大雨です。スマホで最新の災害情報が把握できれば、外出を控えたり避難を準備したりと対処方法も変わってきます。そこで、もしもに備えて導入しておきたいアプリが「NHKニュース・防災」です。ハザードマップや雨雲データマップなど、さまざまな災害情報を網羅しています。

NHKの防災アプリにあらゆる災害情報

「NHK ニュース・防災」は、NHKのニュースや天気予報、災害情報などを配信しているアプリ。アプリ名に「防災」とあるように、台風や土砂災害、竜巻、大雨などあらゆる災害情報が網羅されているのが特徴です。アプリの利用は無料です。
ニュースの掲載期間は2日間。前日の午前0時以降に掲載したニュースを表示する仕組みです。地域ニュースを設定しておけば、自分の知りたい地域ニュースをまとめて閲覧できます。これはNHKの各放送局に基づいたものです。
また、アプリの設定画面で「地域の設定」は最大3か所まで設定可能。地域を設定すると、それぞれの地域の天気予報、災害情報、避難情報が表示されるようになります。プッシュ通知の設定も可能です。熱中症情報も知らせてくれます。

NHKの防災アプリで河川カメラを閲覧

マップでは、洪水と土砂災害に対応するハザードマップも確認可能。雨雲データマップやメッシュ天気、土砂災害危険度マップなど、さまざまなマップを用意しています。
さらに、河川情報マップ(大河川)では、川をタップすると水位などの情報を確認できるほか、およそ2600か所ある河川カメラも閲覧可能。家に居ながらにして、水害情報を細かくチェックできます。
このほか「NHK ニュース・防災」は、大雨に警戒などのライブ映像も配信。ニュースや天気予報といった日常に必要な情報から、いざ何かがおきたときの災害情報までを、このアプリひとつでチェック可能です。
【関連リンク】
スマホ遠隔操作アプリ「Cerberus(ケルベロス)」とは
監視アプリ「Android Lost」でスマホ遠隔操作
追跡アプリ「ケルベロス」をチェックする方法
スマホがケルベロスアプリで監視されてるか発見方法
radiko(ラジコ)エリア判定を地域外で無料で聞く裏ワザ
\ この記事をシェア /
Facebook    Twitter
おすすめ関連記事
アクセスランキング
  • 日間
  • 週間
  • 月間