「NHKプラス登録めんどくさい」を解消する方法

NHKプラス」とは、NHKが本格的にネット放送を行うために2020年4月に始まったサービスです。NHKプラスは地上波放送をリアルタイムで見られるだけでなく、放送後1週間は何度でも視聴できます。そんなNHKプラスを見るにはNHK受信契約と利用登録の両方が必要でやや面倒。そんな「NHKプラス登録めんどくさい」の声に応えて仮登録がスタートしました。
NHKプラス登録めんどくさいは本当
インターネット経由でNHK地上波テレビ放送を同時視聴できる「NHKプラス」が、2020年4月1日から本サービスを開始しました。総合・Eテレの番組を放送中から放送後1週間、PCやスマホ、インターネットに接続されたテレビなどで、何度でも視聴できます。
利用登録せずにNHKプラスを視聴しようとしても、総合とEテレをチャンネル切り替えで見ることはできても、画面内の約1/4にテロップが表示。完全な形で見ることができません。
テロップ表示なしでNHKプラスを見るためには、NHKと受信契約を結んだ上で別途、利用登録が必要です。利用登録1件につき、パソコン・スマホなど合計5台まで同時視聴できます。ところが、このNHKプラスの利用登録手続きはかなり面倒な仕組みなのです。
NHKプラスの利用登録には、Webサイト上からまず連絡先に使用するメールアドレスを入力。次に、NHKから返信されたメール内に書かれたURLにアクセスし、IDとパスワードの登録を行います。この際、受信契約を結んだ家族の氏名と住所も必要。「お客様番号」は入力しなくても手続きできます。
NHKプラス登録めんどくさいに仮登録
ID・パスワードの登録が完了後にログインすれば、そのままNHKプラスを制限なしで利用可能になりますが、実はこれで手続完了ではありません。登録後1~5週間で受信契約者へ届くはがきに書かれた「確認コード」を入力する作業があるからです。
NHKは、確認コードを入力せず一定期間放置するとテロップ付きの画面へ戻るとアナウンスしています。NHKプラスを利用するだけで何段階も手順を踏むのは、NHK受信契約の有無を確認してから利用を認めるためです。
そんな完了までに数週間かかっていたNHKプラスの利用登録で「仮登録」の受付が7月14日から始まりました。IDを兼ねたメールアドレスとパスワードを先に入力すれば、すぐに「仮登録」ユーザーとしてNHKプラスの各機能を利用できるようになったのです。
NHKプラスの仮登録の有効期間は1か月です。NHKプラスサービスをの引き続き利用するには、1か月の有効期間中にマイページから本登録申込みを行わなければなりません。
【関連リンク】
  • チョコボール銀のエンゼルの確率と見分け方とは
  • セブンイレブン700円くじ引きを高確率で当てる方法
  • NHKのBSメッセージを受信料払わずに消去する裏ワザ
  • チョコボールおもちゃの缶詰の当たりの見分け方
  • 透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
  • Yahoo!で調べてみよう

      Loading...