深夜の首都高速都心環状線を走っていると、100km/hを超える猛スピードで走行するクルマに出会うことが少なくありません。「ルーレット族」と呼ばれるこうしたクルマは、オービスを熟知しているため、警察による取り締まりはうまく行っていませんでした。そこで、警察側は新しいスピード違反取り締まり方法の開発・投入をはじめたのです。



首都高ルーレット族はオービスで減速


「ルーレット族」とは、首都高速の料金がルートに関わらず入口・出口の組み合わせで決まることを利用して、深夜に都心環状線を何周も走り続けラップタイムを競うドライバーのことを指します。深夜に100km/hを超えるスピードで走行することから、ルーレット族のスピード違反をパトカーが追尾して取り締まることは困難です。


都心環状線にはスピード違反取り締まり用のオービスも何か所か設置されているものの、ルーレット族側もそこは心得ており、オービスの手前だけ減速して取り締まりを回避。首都高速を管轄する警視庁も取り締まりに手を焼いていました。


そこで、警視庁がスピード取り締まり用にこれまでのオービスを超える新方式を考案。交通警察の専門誌『月刊交通』2021年8月号の記事によると、2020年8月28日以降、試験的に新方式での取り締まりを実施したとのことです。


首都高ルーレット族に赤外線投光器


新方式の取り締まりは、赤外線投光器とハイスピードカメラを組み合わせ、首都高速の外側からスピード違反車を撮影するというもの。ハイスピードカメラとは、1秒間に1万コマ以上の映像を連続撮影するカメラで、自動車が撮影されたコマ数からそのスピードを割り出すことが可能です。


さらに、通常のオービスでは撮影時にストロボが発光するため、ドライバー側も取り締まられことを確認できますが、新方式の取り締まりは赤外線投光器を利用するため、ドライバー側では取り締まりが行われているかどうかすらわかりません。


新方式の取り締まりは2021年6月までに3回行われ、59件の取り締まりが行われました。警視庁は、新方式の取り締まりを行った地点も非公開としているため、首都高速を走るドライバー側はこれまで以上にスピード違反への注意が必要といえるでしょう。


ちなみに、首都高速の制限速度は普通車の場合は60km/hや80km/hに指定されている路線がほとんど。しかし、都心環状線に関してはそれより低い50km/hまたは40km/hとなっています。そのため、ほかの首都高速路線と同じように走行していると、気づかぬうちにスピード違反になってしまうため要注意です。


【関連リンク】

スピード違反から逃れる方法を白バイ隊員が伝授

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内

駐車違反は出頭しないと点数が付かない理由とは

交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?

駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」



情報提供元 : ラジオライフ
記事名:「 首都高ルーレット族に使われた凄腕オービスとは