ラジカセの歴史の中で、リモコンという付属品が一般的に普及したのは、CDラジカセが登場した1980年代後半から。それ以前のラジカセには、リモコンはほとんど存在しませんでした。その理由は、ラジカセは手を伸ばして操作できる距離感で使われていたからです。世界で初めてワイヤレスリモコンを装備した東芝のラジカセを紹介します。

東芝のラジカセにワイヤレスリモコン

それまでも有線式のワイヤードリモコンは、ごく少数のラジカセに存在していました。ソニーでは「CFS-D7」「CFS-5」、日立製作所では「TRK-8000」シリーズなどで、オプションとして販売されていましたが、どちらも多用されていなかったようです。

そんな状況の中で登場した東芝のラジカセ「RT-S93」は、当時としては斬新な脱着式のワイヤレスリモコンを搭載した、世界初のステレオラジカセです。

ただ、リモコンといってもすべての操作が可能ではなく、カセットの操作がメイン。本体の機能は音量調節ができる程度でした。

東芝のラジカセは楽しいリモコン操作

ただ、リモコンで操作するとラジカセ正面のイルミネーシが連動して光り、リモコンを使用している楽しさがありました。リモコンを搭載したRT-S93は、東芝製品の幅の広さを象徴するラジカセとして歴史に残る逸品です。

RT-S93の主な機能は、ワイヤレスリモコン、ICロジック採用のフェザータッチメカ、10曲飛越し選曲(MQJS)、3ポジションテープ切り換え、クリアーサウンドシステムとなります。

受信周波数はAMラジオ放送(525~1605kHz)、FMラジオ放送(76.0~90.0MHz)で、出力はステレオ/最大7.4W(3.7W+3.7W)です。電源は単1形乾電池×6本、AC100Vで、サイズ/重さは490W×370H×130D㎜/6.8kg。1982年に発売された当時の価格は64,800円です。

【関連リンク】
ラジオおすすめの1台はソニーのICF-M780N
ソニーのラジオを超えたTECSUN「PL-880」
InterFMが89.7MHzへ周波数を変更した理由とは
ソニーのラジオ新定番「ICF-M780N」は感度良好
携帯ラジオで買うべき1台は機能がないPL-380

情報提供元 : ラジオライフ
記事名:「 世界初!リモコンを搭載した東芝のラジカセは?