クレジットカードを盗まれた場合でも、暗証番号がわからなければ不正に使われる危険性を抑えることが可能です。しかし、盗む側もそのことは心得ていて、意外な手口を用いて暗証番号を盗み出しています。いったん暗証番号が手に入りさえすれば、それを使うことでカードの不正利用を繰り返しできてしまうのです。

クレジットカードは暗証番号で安全性

クレジットカードの暗証番号は、かつてはATMでのキャッシング以外には利用することがなく、キャッシング枠を設定していないカードでは不要ともいえる存在でした。しかし、クレジットカードのICチップ搭載にあわせ、サインではなく暗証番号でカード認証をする機会が増えています。

サインのかわりに暗証番号が使われる理由は、セキュリティ強化のためです。サイン認証の場合、店舗側のチェックが甘く盗難カードを見逃してしまったり、店舗自体がサインを偽造して勝手にカード伝票を作られてしまったり…といったリスクがあります。

一方、暗証番号認証の場合、オンラインでサーバー側へ即時照会が行われ、暗証番号が違う場合はカード決済ができません。また、ICチップ対応のカード決済端末では店舗側にはカード情報が残らない仕組みのため、店舗による不正なカード伝票作成も不可能です。

暗証番号が盗み出される意外な場所

サインではなく暗証番号が使われることで、クレジットカードのセキュリティは強化された一方、逆に暗証番号を知ることさえできてしまえばサイン認証より簡単に不正利用が可能になります。そして、意外な場所からカードの暗証番号が漏れてしまうことがあるのです。

その意外な場所とは、温泉施設やゴルフ場などに設置された暗証番号式のロッカー。多くの人はクレジットカードなどと同じ暗証番号を設定してしまいがちです。そこで、カードを盗む側は暗証番号設定を行っている姿を盗み見ることで暗証番号を入手。その暗証番号でロッカーを開き、カードを盗んで不正利用を繰り返すのです。

大がかりな犯行では、ゴルフ場のロッカーに隠しカメラを仕掛けて、その映像から暗証番号を入手。ロッカーを開けて銀行のキャッシュカードだけ盗み現金を引き出すといった手口が続発したことがありました。仮に、ロッカーとキャッシュカードの暗証番号が同じでなければ、現金を引き出される可能性は低かったともいえます。

この手口からわかることは、温泉施設など複数の人が出入りする場所で暗証番号を設定する際には、キャッシュカードやクレジットカードで利用する暗証番号を使うのは危険ということ。その場限りで1回しか使わない「捨て番号」を設定すれば、安全度はさらにアップします。

【関連リンク】
カード審査に落ちた人がやってはいけないNG行動
「ゴールドカード」年会費の元を確実に取る方法
公共料金の支払いで得するクレジットカードは?
Amazonゴールドカードの年会費の元を取る方法
過払い金請求で信用情報に傷がつく本当だった?

情報提供元 : ラジオライフ
記事名:「 クレジットカード暗証番号が盗まれる意外な場所