最近ではYouTuberたちがこぞって取り上げ、若者たちの間で人気が再燃しているのが、カシオの腕時計「チープカシオ(チプカシ)」です。“チプカシ沼”というワードが存在するほど、その世界にハマる人が続出しています。安価であるゆえ心置きなくイジれるのもチプカシの魅力。チプカシをスマートウォッチ化する改造を紹介しましょう。

チープカシオ改造でNFCタグ埋め込み

チープカシオは、デジタルに比べれば気密性が低い「MQ-24」などのアナログタイプなら、簡易的なスマートウォッチ化が可能です。

裏ブタを開けるとある程度の余裕があるので、ICタグやNFCタグなどの薄型チップを仕込めます。腕時計は金属部品の集合体なので、金属対応のタグを選ぶのがコツです。

あとは好みのトリガーをタグに書き込めば、ワンタッチで電子錠を開けたり、スマホの起動役に使えます。アナログ時計が一気にハイテクになりました。

チープカシオを改造してミリタリー化

チープカシオ「MQ-24」の分解は、最初にベルトを外す作業から。内部はスペースがあり、各種タグを仕込むことができます。NFCタグは数百円で購入可能です。

今回は裏ブタにタグを貼り付けました。スマホにタッチし、きちんと反応するかを確かめて動作確認。専用アプリなどを用いて、タッチ時の指示を書き込めば完成です。

このほか、チープカシオを100均バンドでミリタリーウォッチ化する方法も紹介しましょう。チープカシオに対応する換えバンドは、さまざま売られていますが、そのどれもが時計本体よりも高額です。

そこで利用したいのが、100均のミリタリーバンド。サイズ調整も容易なので、ほぼすべてのチープカシオに対応します。バンドに合わせて、チープカシオ体をモスグリーンに塗装すると、ミリタリーウォッチ感が増すでしょう。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符

情報提供元 : ラジオライフ
記事名:「 チープカシオを改造してスマートウォッチ化する