1日2000円台で日本全国のJR普通列車が乗り放題になる「青春18きっぷ」は、「18きっぱー」と呼ばれる旅行客に愛用されています。しかし、青春18きっぷには弱点があり、新幹線しか走らない青函トンネルは利用不可。救済策のオプション券も発売されているものの、じつはそれより安く本州~北海道を移動する方法があるのでした。

青春18きっぷに新幹線オプション券

青春18きっぷは、JR各社が共同で発売する割引切符で、JRの鉄道路線全線(BRT・宮島フェリーを含む)が普通列車限定で1日間乗り放題の切符5枚綴りがセットになったもの。販売価格は1万2050円で、1日あたり2410円ということになります。

青春18きっぷが発売されるのは、学生の休暇期間にあわせ春季・夏季・冬季の年3回で、2021年の夏季については発売期間が7月1日~8月31日、利用期間が7月20日~9月10日となっています。なお、切符の名称に「青春18」と入っていますが、利用年齢に制限はありません。

普通列車限定ですが、乗れば乗るほどおトク度があがる青春18きっぷは、安く長距離移動したいという鉄道マニアに人気です。しかし、新幹線のみ運行されていない青函トンネル区間はそのままでは利用できず不便。そこで、不便さを解消するために「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」が発売されています。

青春18きっぷ北海道新幹線オプション券は、青春18きっぷ1枚とあわせて使用することで、北海道新幹線の奥津軽いまべつ駅~木古内駅の普通車(立席特急券扱い)と道南いさりび鉄道の木古内駅~五稜郭駅に片道1回乗車できるもの。価格は、青春18きっぷ1枚分とほぼ同じの2490円です。

青春18きっぷオプション券より割安

奥津軽いまべつ駅~五稜郭駅の乗車券と新幹線特急券を購入すると、合計で4020円となります。一方、青春18きっぷ北海道新幹線オプション券では2490円で済むため1530円節約できる計算です。とはいえ、青春18きっぷ北海道新幹線オプション券は使い勝手という点であまりよくありません。

というのも、奥津軽いまべつ駅から新幹線に乗車するには隣接する津軽二股駅まで津軽線で移動する必要がありますが、同駅に停車する津軽線の列車が1日5往復しかないのです。さらに、数少ない列車も新幹線との接続が考慮されないダイヤとなっているため、青森~函館の移動に4時間以上かかってしまいます。

実は、青森~函館の移動には、青春18きっぷを利用するより割安で便利な方法が存在。それは、青森港~函館港を結ぶ青函フェリーに乗船するというもので、乗船料金も6月~9月は割高になるものの2200円です。

青函フェリーは1日8往復運行され、乗船時間は約4時間です。青森港へのアクセスはJR新青森駅から徒歩40分で、函館港からJR北海道函館駅まではバスで10分となっていて運賃は200円。徒歩・フェリー・バスで青森~函館を移動した場合、合計運賃は2400円と、青春18きっぷ北海道新幹線オプション券より90円割安になるのです。

【関連リンク】
JRのお得な切符の買い方!分割購入で安くする!!
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
JRのお得な切符ならJR西日本一日乗り放題きっぷ
青春18きっぷで新幹線をあえて使うワープ技とは
誕生日特典でお得な切符「バースデイきっぷ」

情報提供元 : ラジオライフ
記事名:「 青春18きっぷより安く青森~函館を移動する方法