カフェやイベント会場などにあるフリーWi-Fiスポットは、スマホのテザリングと異なり通信量を気にせずに使えて便利です。とはいえ、なんの気なしにフリーWi-Fiスポットを利用すると、思わぬところから通信内容が漏れてしまう危険性があります。この危険を避けるために、フリーWi-Fiスポットで活用したいのが「VPN」です。

なりすましWi-Fiが個人情報抜き取り

Wi-Fiの無線通信自体は「WPA2」という方式で暗号化されていることがほとんど。とはいえ、店舗内にSSIDとアクセスキーが公開されているようなフリーWi-Fiスポットでは、Wi-Fiルーターの設定が悪い場合、他人の通信内容を盗聴できる可能性が出てきます。

現在、Webサイトの多くが暗号化に対応しており、「https:」で始まるURLであれば通信が暗号化されます。とはいえ、いまだ暗号化されていないWebサーバーも残っており、うっかりそうしたサイトにセキュリティの甘いフリーWi-Fiスポット経由でアクセスすると、個人情報などが漏れる可能性が高いのです。

さらに怖いのが、店舗などと同じSSIDとアクセスキーを設定したフリーWi-Fiルーターを設置する「なりすましWi-Fi」と呼ばれる手口。なりすましWi-Fiへうっかり接続した場合、偽装サイトへ誘導することにより、ショッピングサイトなどのアカウントやパスワードを入力させ個人情報を抜き取ることができてしまいます。

なりすましWi-Fi対策にVPNサービス

より安全に外出先でフリーWi-Fiスポットを利用したいのであれば、NTTドコモやソフトバンクなどの通信会社が提供するWi-Fiのスポット方がセキュリティは高くなります。というのも、接続時に専用アプリを利用して暗号化認証が行われるためです。

さらに、「VPN」を利用してネットの通信をまるごと暗号化すれば、セキュリティが低いフリーWi-Fiスポットや、なりすましWi-Fiへうっかり接続した場合も安心です。とはいえ、無料VPNのなかにはVPNを名乗りながら通信を暗号化しない、あるいは広告表示用にアクセス情報を裏で取得しているものもあり油断できません。

セキュリティ目的でVPNを利用するのであれば、多少のコストを支払っても信頼できる会社のVPNサービスと契約した方が安心です。また、「Norton 360」などのセキュリティソフトにはVPNが付属するライセンス契約も用意されているので、そちらを利用するのもひとつの手です。

【関連リンク】
迷惑メールのお金を受け取って系に返信してみる
匿名メールで正体を明かさずにメール送信する
USBに挿すだけでバックドアが作れるデバイス
Tor Browserを使って完全匿名で情報収集する
IPアドレス偽装でアクセス制限を回避する方法

情報提供元 : ラジオライフ
記事名:「 フリーWi-Fiを装う「なりすましWi-Fi」とは?