街中を走るパトカーのうち、主力として活躍する「無線警ら車」はトヨタ・クラウンが定番となっています。2021年に国が購入する無線警ら車も、やはりトヨタが落札したため、トヨタ・クラウンとなることはほぼ間違いありません。さらに、トヨタのWebサイトには新型の220系クラウンが登場したことから、モデルチェンジも確定的です。

手順書に220系クラウンパトカーが登場

2021年度から新たに納入予定のパトカーのうち、各都道府県警で主力に使われる「無線警ら車」については220系クラウンが採用されるといわれています。これは、トヨタ自動車がレスキュー時の取り扱いを車種別にまとめた「QRS」のなかに、220系クラウンのイラストが登場しているためです。

無線警ら車は、各地の巡回パトロールや110番通報への対応で活躍するパトカーで、昇降式の赤色回転灯が天井部に取り付けられている点が特徴です(一部都道府県警が導入するSUVを除く)。無線警ら車の多くは、警察庁が全国分をまとめて発注し、それで足りない分については各都道府県警が個別に購入する仕組みです。

警察庁発注の無線警ら車については「国費分」ともいわれ、2021年を含むここ数年はトヨタ自動車が独占的に受注し続けています。というのも、トヨタはクラウンをベースにしたパトカー専用モデルを用意していて、警察庁のパトカー仕様もこの専用モデルを基準に決められる仕組みのため他社が参入しづらいのです。

220系クラウンパトカーは1台約454万円

トヨタ・クラウンのパトカーは、専用モデルということもあり「QRS」には市販車のクラウンとは別に「パトロールカー」というモデルが別掲載されています。そして、パトロールカーのQRSに記載されたイラストが、2021年6月に210系から220系のクラウンへ変更され、220系クラウンへのモデルチェンジが判明したのです。

パトロールカーのQRSには、ガソリン車とハイブリッド車の2種類を記載。220系クラウンには、2Lのガソリン車と2.5L、3.5Lのハイブリッド車という設定で、ガソリン車を選ぶのであれば2Lモデルとなります。また、4WDモデルは2.5Lハイブリッド車のみとなるため、4WD車が必要な地域のパトカーはハイブリッド車一択です。

それでは、2021年に国費分として購入された220系クラウンパトカーの価格は1台あたりいくらとなるのでしょうか。2021年3月に行われた警察庁の入札では、2WD車のパトカーが234台分落札され、合計価格は約9億6548万円でした。ここからパトカー1台の価格を計算すると約413万円。税込価格は約454万円です。

この価格を市販車と比較すると、現在販売中のトヨタ・クラウンは、一番安い2.5Lハイブリッド車の「2.5L HYBRID B」が税込で約490万円、ガソリン車で最安の「2.0L RS」が税込で約510万円となっています。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元 : ラジオライフ
記事名:「 最新型「220系クラウンパトカー」いくらする?